嵐にしやがれ「ゆず初参戦!横浜グルメデスマッチ!」【2020年2月22日放送】

こちらでは、2020年2月22日に日テレの『嵐にしやがれ』で紹介されたお店やグルメ情報をどのサイトよりも詳しくご紹介します。今回はゲストは横浜に縁のある国民的デュオゆずがデスマッチに参戦!絶品横浜グルメをかけてクイズに挑戦します。番組の構成としては、まず横浜の有名なグルメを紹介して、そのあと出題される横浜クイズに正解した人だけがそのグルメをスタジオで食べられるというもの。ここでは、番組で紹介された横浜グルメやクイズの内容を詳しく紹介します。

本サイトでは、スマホからワンクリックでその場所のGoogle Mapが起動するリンク付きです。マップには、番組で紹介されたスポットをプロットしてあります。それぞれの場所の位置関係を把握するのにご活用ください。また、地元ハマっ子ならではのとっておきの追加情報もお見逃しなく!

なお、あくまで番組で取り上げられたものをそのまま紹介するもので、個別のお店や商品、場所等を推奨・宣伝するものではありません。また、情報はページ作成時点のものですので、実際に行かれる際はそれぞれのお店や施設に直接ご確認の上お出かけください。横浜駅に遊びにきたついでに、どこに行こうか迷ったら本サイトのイベントページや他のページもぜひご覧ください。遠方から来られる方は、様々なお得な乗り降り自由な乗車券をぜひご活用ください。

ウミガメ食堂【ワンタン麺】

ウミガメ食堂を知っていますか?と街で聞き込みをすると、「知ってます。昔ながらのワンタン麺」、「さっぱり目のしょうゆラーメン。美味しかったですね」と回答を得ます。番組では、「ハマっ子がこよなく愛する名店 ウミガメ食堂と紹介されてましたが、場所が内陸のセンター南なので、いわゆるハマっ子からするとちょっと遠い存在です。ゆずの北川さんも、「センター南かぁ」とやはり知りませんでした。

その特徴は王道の味。こだわりは麺から。特注の製麺機でおよそ1.1mmの極細面。これを二日間寝かせた、細くてもコシのある自家製麺。対するスープは、豚骨と鶏を3対2で6時間煮込み、醤油ダレとねぎ油を合わせた王道中の王道。そして、主役のワンタンは塩こしょう、ごま油、酒を染み込ませた豚ひき肉のあんを、薄皮でたっぷりと包み、食べ応え抜群!これを6つ、ゆで時間は2分。スープによく絡む極細麺の上に、つるんとした食感のワンタン。さらに自家製チャーシュー、やわらかい食感の極太メンマ、ねぎを入れ完成。喉ごし抜群。こだわりのワンタン麺 850円 (税込み)です。

ウミガメ食堂 ウミガメ食堂

出典:食べログ(ウミガメ食堂)

  • 【住所】
  • 〒224-0032 横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-12 ライオンズプラザ港北ニュータウン101(Google Map
  • 【アクセス】
  • 横浜市営地下鉄「センター南駅」1番出口より徒歩5分
  • 【営業時間】
  • 11:15〜22:30 (L.O. 22:00)
  • 【定休日】
  • 水曜日
  • 【席数】
  • 34席
  • 【駐車場】
  • 無し
  • 【その他】
  • 店内全面禁煙、テラス席はペット同伴可

ゆずクイズ①

ムチャなことをすることの例えで、「ゆずの木に???」ということわざはなんでしょう?という問題でした。正解は、「トゲの多いゆずの木に裸で登る」。同じ意味で「ゆずの木に逆立ち」ということわざもあります。

余談で、櫻井くんがなんで「ゆず」という名前にしたのかという質問をしたところ、二人が昔バイトをしていた居酒屋で、デザートのメニューにゆずシャーベットがあったことで、ゆずいいなと命名したそうです。

正解したのは、櫻井くん。スタジオで出された熱々のワンタン麺を試食して、うまっ!アッつ!とリアクションしていました。中でも太いメンマが特徴的で「柔らかい!味めっちゃしみてる。うまい!」と絶賛してました。

ちまき屋【台湾チマキ】

次に紹介されたのが、大人気の台湾チマキ。横浜市中区の路地裏にこの行列と紹介されてましたが、横浜中華街の裏路地にある有名店です。何度もテレビで紹介されているので、知っている方も多いのでは?岩沢さんが、店の前だけ通ったことがあるとスタジオで言ってました。お店の前の行列に並んでいたカップルに尋ねると、「午前中で売れ切れちゃうみたいな情報があったんで。すぐ来ました。」と回答。店頭は即完売、ネット販売は1か月半待ちという人気ぶりです。

店主 小林成明さんに話を伺うと、「一般的なちまきは蒸すんですけれども、当店は台湾南部のゆでるタイプ。食感が弾力がある感じ。」とのこと。作り方は、笹の葉に特製醤油ダレをまぶした生の餅米、自家製豚の角煮、椎茸、干し海老、ピーナッツなどたっぷりの具材を順番に盛ります。最後にもう一度もち米をかぶせ、それをお湯の中で1時間。台湾から伝わる熟練の技によって見事にゆで上がります。モッチモチの食感がたまらない台湾ちまきの完成。チマキ 600円 (税込み)です。

ちまき屋 ちまき屋

Copyright © Project 結《YUI》ちまき屋

  • 【住所】
  • 〒231-0023 横浜市中区山下町186 (上海路)(Google Map
  • 【アクセス】
  • みなとみらい線『日本大通り駅』2番口より徒歩5分JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」北口(中華街口)より徒歩10分
  • 【営業時間】
  • 11:00~18:00(テイクアウトのみ)
  • 【定休日】
  • 月曜日(祝日の場合は翌日)
  • 【駐車場】
  • 無し(近隣にコインパーキング多数あり)
  • 【その他】
  • 現金のみ

クイズ②

このお店では行列に並ぶお客さんにあることを伝えます。ちまきをより美味しく感じてもらうために伝える言葉とはなんでしょう?という問題でした。正解は、ハードルを上げてほしくないという思いから「期待しないでください」と伝えているでした。

ゆずの岩沢さんがドヤ顔で正解を解答。スタジオで出された熱々のちまきを試食して「ほっほっほっ」と、うまそうに食べてました。茹でているからなのか、さっぱりとしていて美味しいとコメントしていました。

ホフブロウ The Hof Brau 横浜【スパピザ】

お次は、横浜が誇る隠れ名物「スパピザ」です。北川さんが知ってるとスタジオでコメントしてましたが、横浜の老舗で、ハマっ子なら知っているお店です。街で聞き込みをすると、「美味しいです。スパピザばっかり食べてます。ハマっ子には超有名店だと思います。」と回答してました。それを味わえるのが、創業73年のThe Hof Brau。スパピザは約70年前に、横浜港に立ち寄る船員のリクエストで作ったのが始まりだと言われています。

味の要となるのはミートソース。その作り方は、玉ねぎ、にんじん、ピーマンなどの野菜をきつね色になるまで炒め、牛すじ、赤ワインを煮込んだデミグラスソースとトマトを入れて2時間煮込みます。さらに、香ばしく炒めた牛と豚の合い挽き肉を合わせれば、70年変わらない濃厚な自家製ミートソースの完成。

パスタは1日寝かせ、モッチモチの食感になったものを使います。これを熱したフライパンの上でミートソースと合わせれば、これだけでも十分美味いスパピザの「スパ」が完成。鉄板皿に盛り付け、そこに再びミートソース、玉ねぎ、ピーマン、ベーコン、エビ、たっぷりのチーズをトッピング。これをオーブンに入れ、チーズがトロトロに溶けるまでじっくりと焼けば完成です。トロトロのチーズがパスタに絡まり病みつきになるひと品。スパピザ 1,650円 (税込み)です。

ホフブロウ1 ホフブロウ2

出典:ホフブロウ

  • 【住所】
  • 〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町25-1 上田ビル1F(Google Map
  • 【アクセス】
  • みなとみらい線「日本大通駅」徒歩5分みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩5分
  • 【営業時間】
  • 【平日】ランチ11:00~15:00(LO14:30)/ディナー17:00~23:00(LO22:00)【土日祝】11:00~23:00(LO22:00)
  • 【定休日】
  • 不定休
  • 【創業】
  • 昭和26年(1951年)
  • 【座席数】
  • 48席(カウンター10席 テーブル38席)
  • 【その他】
  • カード可、分煙(ランチタイムは禁煙)

横浜クイズ③

横浜のシンボル「ランドマークタワー」。実はあることで日本一です。一体なんでしょう?という問題でした。正解はエレベーターの速さ。ランドマークタワーの高さは296mで、展望フロアまで約40秒で到着。番組では、なぜか東京スカイツリーよりも速いという意味不明な対比情報が出されました。日本一の高さを誇るのが「あべのハルカス」なので、比較するならそちらを出すべきでは?と思うんですけど。。。

ちなみに、現在ランドマークタワーの展望フロア「スカイガーデン」は2020年2月17日(月)〜4月24日(金)の期間、施設改装工事のため休業中なのでご注意ください。

野毛焼きそばセンター まるき【焼きそば】

3つ目に紹介されたのが、焼きそば専門店の看板メニューです。横浜の下町 野毛にある野毛焼きそばセンター まるきについて街の人に聞いてみると、「結構有名だと思います。麺が太くてモチモチで、まろやかで美味しかったです。」と回答してました。

最大の売りは極太中華麺。これをキャベツやモヤシと一緒に、うま味たっぷりの和風だしで蒸し焼きにします。そして、味の決め手となる特製中濃ソースを投入。甘めであっさり飽きない味が極太麺とよく絡みます。これだけでも十分な食べ応えですが、トッピングに目玉焼き、塩ダレで焼いた豚バラ、大量のカイワレとざく切りののりを追加して完成。まるき焼きそばスペシャル 962円 (税込み)です。お腹いっぱいになりますよ!

野毛焼きそばセンター まるき1 野毛焼きそばセンター まるき2

出典:食べログ(野毛焼きそばセンター まるき)

  • 【住所】
  • 〒231-0065 横浜市中区宮川町2-29-1(Google Map
  • 【アクセス】
  • 京急本線「日ノ出町駅」徒歩5分横浜市営地下鉄「桜木町駅」徒歩6分
  • 【営業時間】
  • 【平日】17:00~翌1:00(L.O.24:00、ドリンクL.O.24:30)【土日祝】12:00~翌1:00(L.O.24:00、ドリンクL.O.24:30)
  • 【定休日】
  • 無し
  • 【創業】
  • 平成28年(2016年)
  • 【席数】
  • 34席
  • 【駐車場】
  • 無し
  • 【その他】
  • 全席喫煙可

横浜クイズ④

江戸時代、横浜はある海産物で有名な町でした。その海産物とは一体なんでしょう?という問題でした。なかなか正解が出ず出されたヒントは、「当時国の大事な輸出資源でした」。さらに、魚ではないというヒントが出されて、大野くんが正解。答えは「なまこ」。江戸時代、横浜ではなまこが重要な資源でした。スタジオに用意された、まるき焼きそばスペシャルを試食して、「ああ、うめー。モッチモチだ!」とコメントしてました。

牛かつ 横濱川島屋【牛かつ】

次に紹介されたのは、「横浜の洋食文化の極み 超高級牛かつ」です。それが味わえるのがこちらの「牛かつ 横濱川島屋」。ランチ時は「牛かつ麦飯御膳」1,290円 (税込み)を求め、店内は常に満席。一方、番組で紹介されたのは、数量限定の高級牛かつ。使用するのは、シャトーブリアン。牛1頭から600gしか取れない超希少部位です。オーナーの川島晃已さん曰く、「A4以上の黒毛和牛のメス牛に厳選してます。うま味が濃いっていう。」だそう。

素材の良さを活かすため、作り方はシンプル。まず卵液に浸したら、揚げたときに余分な油を吸わせないよう、砂のように細かいパウダー状のパン粉をまぶします。それを、超高温の油でおよそ60秒。外はサクサク、中は肉のうま味が詰まった超レア状態に。最後に金粉を振りかければ、シャトーブリアンを使った牛かつの完成です。その名も「川島ボルドブリアン」8,800円(税込み)です。

  • 【住所】
  • 〒231-0014 横浜市中区常盤町3丁目35−2(Google Map
  • 【TEL】
  • 非公開
  • 【アクセス】
  • JR根岸線「関内駅」北口より徒歩1分横浜市営地下鉄「関内駅」3番出口より徒歩3秒
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】11:30~15:00(LO14:30)【ディナー】18:00~22:00(LO21:30)
  • 【定休日】
  • 年中無休
  • 【創業】
  • 平成28年(2016年)6月7日
  • 【席数】
  • 50席(カウンター8席、屋外喫煙席4席、テーブル22席、特別室16席)
  • 【駐車場】
  • 【その他】
  • 現金のみ、分煙

クイズ⑤

オーナーの川島さんがお店をオープンする際、困ったことがありました。それは何でしょう?という問題でした。正解は、物件を借りる時、ビルのオーナーに怪しまれなかなか貸してもらえなかったというもの。相葉くんが正解。スタジオに用意された「川島ボルドブリアン」を一口。入れた瞬間「うまい!やわらかい〜。やばい、ギンギンになってきた」とコメントしていました。

ブッチャー・リパブリック 横浜赤レンガ シカゴピザ & クラフトビール【シカゴピザ】臨時休業中

最後に紹介されたのが、「アメリカから横浜へ シカゴピザ」です。それが味わえるのは、横浜赤レンガ倉庫にあるブッチャーリパブリック シカゴピザ&ビアです。北川さんは、こちらで食べたことがあるそうです。店内で食べてた女の子に尋ねると、「シカゴピザを食べたくて、宇都宮から来ました」だとか。番組では、宇都宮からシカゴは遠いが、横浜なら日帰り圏内とツッコミが。

その作り方は独特。ひと晩寝かせたピザ生地を薄く延ばし、底の深い専用の型にはめます。この底の深さがシカゴピザの特徴です。そこにイタリア産のモッツァレラチーズとナチュラルチーズを敷き詰めたら、国産の挽肉をナツメグやコリアンダーなど、7種類のスパイスで味付けしたパテをトッピング。トマトソースを重ね入れ230度のオーブンでじっくり焼きます。中のチーズが溶け出したら、赤玉ねぎ、マッシュルーム フレッシュトマトをのせて完成です。サクサクの生地とトロットロのチーズがたまりません!シカゴクラシック 1,870円(税込み)です。

  • 【住所】
  • 〒231-0001 横浜市中区新港1-1 横浜赤レンガ倉庫2号館3F(Google Map
  • 【アクセス】
  • みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩6分JR・市営地下鉄「桜木町駅」より徒歩15分
  • 【営業時間】
  • 11:00〜23:00(L.O. 22:00)
  • 【定休日】
  • 無し(商業施設の定休日に準ずる)
  • 【創業】
  • 平成31年(2019年)7月29日
  • 【席数】
  • 269席(店内229席、テラス40席)
  • 【駐車場】
  • 赤レンガ倉庫パーキング(179台)
  • 【その他】
  • カード可、完全禁煙

横浜クイズ⑥

横浜市の三和交通はタクシー業界であるサービスを初めて導入しました。それは座席にあるボタンを押すのですが、一体何のボタンでしょう?というのが問題。正解は、「ゆっくり運転してほしい」と感じた人は後部座席のボタンを押して乗務員に伝えられるというもの。正解した松本くんは、一口食べると3度見して驚きながら「めっちゃうまい!」と叫日ながら、チーズの海ですね〜とコメントしてました。