横浜は溢れんばかりのイベントで満載!

横浜では週末や連休に合わせて数多くのイベントが一年を通して開催されています。赤レンガ倉庫や山下公園では著名アーティストによるLIVEやオクトバーフェストと言った大型のイベントが行われる他、大さん橋では横浜港を母港とする飛鳥IIを始め世界中から数々の豪華客船が寄港し毎回ウェルカムイベントが行われます。

またここ数年ですっかり各地で定着してきた各種マルシェも内容に応じて各エリアで開催。この他にも、昔からある元町、関内、馬車道、野毛などのエリアでは地元の方々による地域密着イベントが開催されます。子供から大人まで目的や興味によってお好みのイベントを見つけて是非お出かけください!当日は驚くほどの人で混雑します。交通規制など多くの場所で実施されるのでお出かけの際はお気をつけください。

なお、2022年3月21日に「まん延防止等重点措置」の全面解除が行われ、神奈川県では2022年4月21日まで「リバウンド防止期間」が解除になるまで、新型コロナウイルス感染症拡大の影響で多くのイベントが中止または内容を変更・縮小しての開催となっていました。現在は徐々にイベントが開催され始めていますが、コロナ前とは異なる形での開催であったり、条件が異なる場合もあるので、例年の情報だけでなく最新の動向にご留意ください。割引クーポンが以下のサイトにいろいろとあるので、うまく活用してくださいね。

旬の情報

こちらでは、横浜で開催される数多くのイベントや旬のネタから、オススメのものをタイムリーにセレクトしてご紹介します。

  • 山下公園
    山下公園から大さん橋を望む
  • 横浜外国人墓地
    横浜外国人墓地
  • エリスマン邸と桜
    エリスマン邸と桜
  • 三渓園
    三渓園
  • 横浜スタジアム
    横浜スタジアム
  • 赤レンガ倉庫
    ヨコハマフリューリングスフェスト
  • 根岸競馬記念公苑
    根岸競馬記念公苑
  • ベーリック・ホール
    ベーリック・ホール
  • 山下公園
  • 横浜外国人墓地
  • エリスマン邸と桜
  • 三渓園
  • 横浜スタジアム
  • 赤レンガ倉庫
  • 根岸競馬記念公苑
  • ベーリック・ホール

    ニュース・ピックアップ2022年8月6日更新)

  • 帰省など神奈川県外への移動が増えるお盆の期間中、神奈川県は8月5日(金)から8月18日(木)まで、横浜駅西口「駅前広場」と小田原駅「ラスカ小田原」ペデストリアンデッキの2カ所に新型コロナの無料検査所を設置します。対象となるのは移動を予定している無症状の人で、予約は不要で神奈川県民に限らず、誰でも無料で受けることができます。抗原検査キットを使用し、15分ほどで結果が判明するということです。
  • 神奈川県は8月2日、発熱外来のひっ迫などに対応するため、国の制度を活用した抗原検査キットの無料配布を8月5日から開始すると発表。対象は発熱などの症状や濃厚接触の疑いがある人で、インターネットでの受け付けを3日から始めるとしています。詳しくは、「新型コロナ 抗原定性検査キット無料配布について」をご覧ください。
  • 神奈川県は7月27日、対策本部会議を開き、発熱などの症状があっても、2歳から64歳まででほかに病気がなく妊娠もしていないなど重症化リスクの低い人については、発熱外来を受診せず自分で検査を行い、陽性だった場合自主療養するよう、勧めていく方針(7/27版の知事メッセージ)を決めました。
  • 「自主療養」は神奈川県がことし1月から独自に行っている制度で、抗原検査キットなどを使って陽性となった場合、専用のウェブサイトで県に届け出れば医療機関や保健所などを通さず、療養中であることを証明する「自主療養届」や、民間の保険請求などに使える「療養証明書」を発行できます。なお、「自主療養届出制度」は、各社の保険金請求が可能です。詳しくは、対応保険会社・団体一覧をご覧ください。
  • 横浜市の新型コロナウイルスワクチン接種について(特設ページ)にて、「新型コロナワクチン4回目接種対象者拡大について」を7月22日に公開しています。
  • 神奈川県が、新型コロナ「中和抗体療法への道」治療可能対象者と治療への手続きについて案内しています。中和抗体療法は、糖尿病などの重症化リスクをお持ちの方に有効な治療法です。あなたが対象者かどうか確認できます。
  • 神奈川県のホームページの「新型コロナウイルス感染症について」で最新の動向をご確認ください。また、神奈川県内の新型コロナの感染拡大状況を把握するための「モニタリング状況」も公開中です。

    イベント・ピックアップ2022年8月6日更新)

  • 「野毛山動物園」と「よこはま動物園ズーラシア」は、8月の土日祝日のみの開催で、開園時間を20:30まで延長するイベントを開催中です。暑い昼間を避け、気温が下がった日没後の動物園で、夜の動物たちを観察してみよう!「動物園・水族館へ行こう!」のページもあわせてチェックしてみてください。
  • 今年の夏は例年より暑い日が多いですが、日々の疲れを癒しに天然温泉やスパへ行ってみるのはいかがですか?横浜市内にはたくさんの施設があります。定番からオススメの天然温泉やスパを「温泉やスパでリフレッシュしよう!」で、詳しく紹介しているのでチェックしてみてください!
  • 3年ぶりにビアガーデン & BBQのページを公開しています!ここ数年の間に色々あったので、例年とは異なることも多く、最新の情報を探すのにちょっと苦労すると思います。本サイトでは、どこのサイトよりも詳しい最新の情報(25施設)を一挙に見ることが出来ます。お店によっては、お得なクーポンを使って直接ネット予約も出来ます。お気に入りのお店を見つけるのにぜひお役立てください!
  • 日本最大級のレジャー・体験・遊びの予約サイト「あそびゅー!」では、4月15日より「Find Your YOKOHAMAキャンペーン」の一環として、最大50%の割引となる体験商品の発売を開始したと発表しています。
  • 多くの飲食店がテイクアウト&デリバリーサービスを行っています。お住まいの地域の最新情報を見ることができるように、「地元でテイクアウト&デリバリーを活用しよう!!」ページを作りました。ぜひご活用ください。

旬のオススメ

    ニュース2022年8月2日更新)

  • 横浜山手西洋館のエリスマン邸では、「Café Ehrismann(カフェ エリスマン)」として、2022年7月22日(金)に新規オープン。焙煎された味わい深いコーヒーや紅茶などのドリンクに加え、ケーキやアイスクリームなどのデザート、カスクートドックといったフードメニューを提供します。
  • 京浜急行電鉄とAirXが、ヘリコプターを活用した「伊豆長岡温泉 京急ホテルヘリコプター移動つき宿泊プラン」を販売。ヘリコプターを活用することで、東京から約50分、横浜から約35分で伊豆エリアへアクセスし、「伊豆長岡温泉 京急ホテル」の露天風呂つき特別室メゾネットスイートに宿泊できるプラン。料金は、横浜発片道2人=288,000円から。ヘリコプタープランはちょっと手が届かないけれど、同じお部屋に泊まってみたいという方は露天風呂付特別室 メゾネットスイート(部屋食)プランがオススメです。部屋食なので、安心ですね!
  • 数々のアーティストがコンサートを開催する「横浜アリーナ」が大規模改修を経て、半年ぶりに営業を再開!8/2(火)から横浜出身の「ゆず」を皮切りに、新横浜に賑わいが戻ってきます。
  • 改修工事のため、2019(平成31)年4月から休館していた「横浜マリンタワー」がついに9月1日リニューアルオープン決定!地上約100mの展望フロアは、景色を見ながら映像作品が楽しめるメディアアートギャラリーに。1階には、近くにあった店舗が閉店して惜しまれていたあの「Eggs ‘n Things 横浜マリンタワー店」が入店・復活します!展望フロアのチケットは、2022年8月1日(月)より公式ホームページにて販売開始!
  • 神奈川県が4月6日から実施している、新型コロナウイルス感染拡大により深刻な影響を 受けた観光事業者を支援し、地域経済を活性化するため、宿泊旅行と日帰り旅行を対象に、旅行代金の一部を補助する「かながわ旅割」を8月31(水)まで延長すると発表しています。県内の飲食店や土産物店などで利用可能なクーポンの販売開始は、7月15日(金)12時から。また、神奈川県民の利用要件をワクチン接種回数3回以上に変更しています。
  • 神奈川県の「Go To Eatキャンペーン食事券事業 第2弾」の販売期間が7月15日(金)から令和4年8月31日(水曜日)まで、利用期間は令和4年9月30日(金曜日)までに延長!20%プレミアム付き食事券「LINE電子クーポン」を販売中。食事券は「LINE電子クーポン」「コンビニ紙クーポン」の2種類で、販売価格は12,000円分の食事券1セット 10,000円。1日の購入上限額は2万円。発行数は250万セット(300億円分)。プレミアム率は昨年12月24日以前に販売した「第1弾」の25%から5%下がりました。
  • 元町公園プールが7月9日(土)より営業開始!営業時間は、9〜21時(9/5,11〜18時)で、今年は2時間ごと5部に区切り各部300名の定員制。毎朝8:40〜先着順で整理券配布。なお、「露出の多い水着を着用した方のご利用はお断りいたします。」とのこと。9月11日(日)まで。
  • 私が見ているモトブログ系YouTuberの一人に「ごじゃし!」さんという方がいらっしゃるのですが、先日「ごじゃし飯」シリーズで神奈川のお蕎麦屋さん「味奈登庵(みなとあん)」の都筑佐江戸店に行かれていました。横浜市で展開しているチェーン店ということで、横浜の人はみんな知ってるのかって言ってましたが、山下公園近くにある総本店が有名ですね。皆さんは「富士山盛り」食べたことありますか?
  • 鉄道・運輸機構(JRTT)は、7月22日、14時から、神奈川東部方面線(相鉄・東急直通線)の、レール締結式を、新横浜の新駅予定地のホームで行った。締結式は羽沢横浜国大駅と日吉駅間の全線のレール敷設工事が完了し、相鉄本線西谷駅から東急東横線・目黒線日吉駅間のレールが1本につながることをうけたもの。開業予定は3月中で日付は未定。
  • 横浜シーサイドラインは、8月1日~31日まで会社設立39周年を記念した「39th(サンキュー)キャンペーン」を行います。通常340円の「小児1日乗車券」を100円で販売するもので、全区画乗り放題で乗り降りも自由。期間中は何度でも購入できる。また、駅を巡ってキーワードを集めて応募すると、抽選で39人に賞品が当たる「39thキーワードラリー」も同時開催。
  • 神奈川県は「かながわPay」第2弾を7月19日10時から開始する。県内の小売店・サービス事業者・飲食店などでスマートフォンの専用アプリ「かながわPay」を通じてQRコード決済サービスで代金を支払った際にポイントを総額50億円分還元する。一人あたりのポイント付与上限は合計30,000ポイント(合計30,000円相当)。ポイント付与期間は7月19日10時から11月30日まで。
  • タカナシ乳業(横浜市旭区)は「タカナシ #ボトルミルク いちご」を7月5日から10月上旬までの期間限定で発売。夏の時期の発売に合わせて、パッケージは花火、うちわ、はっぴなど季節を感じられるデザインです。
  • 都心で花火で遊ぶときに一番困ることは「花火をやる場所」ですよね。創業85年の花火店「若松屋」が昨年リリースした花火アプリ「Hanabi-Navi」(iOS / Android)をアップデートし、横浜市が対象エリアに。花火で遊べる、花火が買える場所、花火大会の情報がマップ上に表示されます。
  • TUBEは、2019年以来3年ぶり33回目となる、横浜スタジアムでの有観客の公演のタイトルを「TUBE LIVE AROUND SPECIAL 2022 Reunion(リユニオン)」に決定と発表。公演は9月3日に開催。一般発売は7月23日10時から。
  • 「かながわPay」第2弾の実施加盟店での支払いにかながわPayを使うと最大20%ポイント還元。今回一人あたりの上限は30,000ポイント。7月19日10時から。対象QRコード決済サービスに登録&かながわPayアプリをダウンロードして、お得に買い物しよう!
  • 三井不動産は7月12日、JR関内駅前の「横浜市旧市庁舎街区活用事業」が着工したと発表した。旧横浜市庁舎の行政棟を保存して都市型ホテルと商業施設として活用し、旧議会棟周辺地区に33階建てのタワー棟を建設する同事業は、2025年12月に完成して供用を開始。旧市庁舎行政棟は、横浜市に初進出となる都市ホテルブランド「OMO7(おもせぶん) by 星野リゾート」が2026年春にグランドオープンを予定している。
  • 横浜ベイブリッジの歩行者専用の展望施設「スカイウォーク」がリニューアルオープンします。横浜ベイブリッジの下層部に位置するおよそ320メートルある歩行者専用道「スカイウォーク」は、横浜港を漂う客船が間近で見られる施設として、1989年からおよそ20年営業しました。2019年には、期間限定で一部開放を再開しましたが、新型コロナの影響で再び閉鎖を余儀なくされていました。今回のオープンは、期間限定ではない完全復活で、6月25日から、土日と祝日に入場できます。
  • メンテナンスのため休業していた「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」(GFY)が2022年7月16日(土)に再オープン!再オープン時には、特別演出を継続して実施するほか、ガンダムシリーズの TV アニメーション最新作『機動戦士ガンダム 水星の魔女』アニメ本編の前日譚「PROLOGUE」の無料上映を実施するなど、GFY ならではの体験ができるイベントもあります。
  • 横浜市は6月21日、「相模鉄道本線(鶴ヶ峰駅付近)連続立体交差事業」が、神奈川県から都市計画事業として認可され、事業に着手すると発表。相模鉄道本線の鶴ヶ峰駅付近を中心に西谷駅から二俣川駅間の交通渋滞の解消、歩行者の安全性の向上、災害時の緊急活動の迅速化、鉄道に分断された地域の一体化などを目指し、鉄道を地下化して連続立体交差化し、10カ所の踏切を除却する検討を2016年度から進めてきた。今回の事業区間は旭区西川島町地内から旭区二俣川2丁目地内までの2.84キロ。事業費は約784億円。事業施行期間は2034年3月31日まで。
  • 崎陽軒は、2022年6月16日(木)から、夏の涼食シリーズを販売します。「いかシウマイ」、「夏のかながわ味わい弁当」、「おべんとう夏」、「松花堂弁当 ~穴子ごはん~」、「横濱月餅 オレンジ」など、8月31日(予定)までの夏限定の商品です。
  • 横浜赤レンガ倉庫は、2022年5月9日より今冬(予定)まで大規模改修工事のため休館しています。なお、休館中もイベント広場では、毎年恒例のイベントをはじめ、様々なイベントの開催を予定しています。
  • 崎陽軒は5月13日から9月30日まで「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」を販売。同社は、連続テレビ小説「ちむどんどん」で同区が舞台になったため始動した「ちむどんどん」横浜鶴見プロジェクト」の一員で、横浜や鶴見を盛り上げるために「ちむどんどんする横浜・沖縄弁当」を企画。沖縄料理を詰め合わせた特別なお弁当です。
  • 横浜赤レンガ倉庫近くの横浜みなとみらい21地区 新港地区9街区で、国土交通省の15官署が入居する「横浜地方合同庁舎(仮称)」の建設工事が進行中。入居する官署は、神奈川行政評価事務所、横浜地方検察庁分室、横浜保護観察所、東京入国管理局横浜支局横浜港分室、横浜税関、東京国税不服審判所横浜支所、横浜中税務署、横浜検疫所、横浜公共職業安定所、植物防疫所研修センター、横浜通商事務所、横浜国道事務所、京浜港湾事務所、横浜営繕事務所、東京湾海上交通センター。建物は地上7階、高さ約35メートル。 工事は、特別目的会社「ヨコハマしんこうパートナーズ」(戸田建設、ハリマビステム、NECキャピタルソリューション、綜合警備保障、IHI運搬機械、梓設計)により2020年9月に着工。2023年3月31日に完成予定。
  • 2021年7月7日(水)から2022年6月30日(木)まで横浜市内2か所に計3台設置される予定の「ポケモンオリジナルポスト」が好評につき2026年6月30日(火)まで延長に。横浜港郵便局「ポケモン特設ポスト」は6月末に設置終了しますが、横浜市役所と横浜桜木郵便局は4年間延長されます。投函された郵便物には、ポケモンデザインの小型印が押印されます。
  • 相模鉄道、東急電鉄、東京地下鉄、東京都交通局、埼玉高速鉄道、東武鉄道、西武鉄道の7社は、「相鉄新横浜線・東急新横浜線」を2023年3月に開業予定と発表しました!神奈川県央・横浜市西部から東京、埼玉中央・西部に至る広域的な鉄道ネットワークが完成します。
  • ケン・コーポレーションは、横浜みなとみらい21地区で推進している大規模複合開発「Kアリーナプロジェクト」の2万席の世界最大級の音楽アリーナの名称を「Kアリーナ横浜」に決定した。「Kアリーナ横浜」の街区名称は「ミュージックテラス」で、「Kアリーナ横浜」のアリーナ棟、横浜初進出で339室を備えるホテル「ヒルトン横浜」、オフィス棟の「Kタワー横浜」で構成。2023年秋の開業を目指す。
  • 横浜市瀬谷区と旭区にまたがる2015年(平成27)6月に返還された米軍施設「上瀬谷通信施設」跡地を会場に、2027年の3月から9月に、花や緑を通した健康と福祉、環境の向上、経済強化などを目的とした国際園芸博覧会「花博」が開催。「幸せを創る明日の風景」がメインテーマ。博覧会区域は約100ヘクタール。ICT活用や地域連携などの多様な参加形態を含み1500万人の来場者を見込んでいる。
  • 横浜市は、1965年オープンの磯子の市内最大級の屋外プール「横浜プールセンター」について、築56年が経過し、施設の老朽化が著しく、大量の漏水が発生している状況であるため、令和3年度以降の営業を休止すると発表。施設は存続する方向だが、本牧市民プールを優先的に建て替える考えで、プールセンターの今後の対応は「改めて検討する」とのこと。
  • 施設の老朽化による漏水などで、2016年度から営業を休止している「本牧市民プールの再整備」の内容が発表されました。遊泳施設として、常設の流水プール・ウォータースライダー、仮設のアトラクションプール・幼児用プールなどを整備する。また、付帯事業として、バーベキューやキャンプができるキャンプ場を整備。2023年7月上旬にオープン!
  • 株式会社大林組、京浜急行電鉄株式会社、日鉄興和不動産株式会社、ヤマハ株式会社、みなとみらい53EAST合同会社の5社で共同開発する「みなとみらい21中央地区53街区」が2021年4月に着工。オフィスやホテル、店舗などで構成される、2棟を建設。2024年3月末に大型複合施設として誕生予定。

    イベント2022年8月9日更新)

  • 横浜港を発着するクルーズ船「ロイヤルウイング」は、2022年8月8日(月)から当面の間、営業自粛を行います。同社において新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の濃厚接触者、陽性者が確認され、営業に必要な従業員の確保が難しくなったことによるもので、予約済の利用者に対しては、順次連絡するとしています。最新の情報については、直接お問い合わせください。
  • 横浜・八景島シーパラダイスでは、今年1周年を迎えるバトルゲーム「ポケモンユナイト」を楽しめるイベント「みんな集合!遊び島!」を2022年7月16日(土)〜8月31日(水)開催中!!asoview!にて『ポケモンユナイト』のワンデーパスセット券やアクアリゾーツパスセット券を購入できます。
  • 今年8月に誕生する都市型農場教育機関「SustainuS LED菜園Club」にて、小学3・4年生親子を対象とした、水耕栽培施設の見学・水耕栽培を体験するキット制作・摘みたて葉野菜やハーブを親子で実食ができる「夏休み植物研究イベント」を実施します。
  • 台湾文化を体感できる「台湾祭 in 横浜赤レンガ2022」が、横浜赤レンガ倉庫 イベント広場で7月30日(土)~8月14日(日)に開催決定。台湾各地の本格「夜市グルメ」の数々を提供。飾られる「カラフルなランタン」で幻想的な風景や台湾の“食”を通じて台湾を体感できます。
  • 横浜赤レンガ倉庫では、開催10年目という記念すべきアニバーサリーイヤーを迎える夏の期間限定イベント「レッドブリックビーチ(RED BRICK BEACH) 2022」を、2022年7月30日(土)から8月28日(日)までの期間で開催。期間中の会場には、太陽が燦々と降り注ぐビーチリゾートを思わせる真っ白な砂浜が出現。横浜にいながらリゾート気分を味わえる、毎夏恒例の人気イベント。
  • 新横浜プリンスホテルでは2022年8月10日(水)よりハワイがテーマのマルシェ「Aloha Marche! in Shin Yokohama」を開催します。 ハワイアングッズ&フードが登場するほか、フラステージも毎日実施されます。まるでハワイを旅しているような気分を楽しめる1週間限定のマルシェです。
  • 横浜アンパンマンこどもミュージアムでは、2022年7月15日(金)より新ステージ『すすめ!ぼくらのアンパンマンごう!』を上演。観客席中央にステージを設け、これまで以上にアンパンマンたちを身近に感じることができるそうです。なお、2・3F ミュージアムは事前予約制による入館者数の調整を行っております。ご来館の際は日時指定WEBチケットの購入が必要です。
  • 横浜ベイホテル東急 2階、オールデイダイニング「カフェ トスカ」では、ホテル開業25周年を記念した「アニバーサリーブッフェ ~こだわり食紀行~」を、2022年7月13日(水)~9月13日(火)の期間限定で開催。黒毛和牛のスペシャルディッシュも登場!大人気の横浜ベイホテル東急にお得に宿泊もできます!
  • 2022年7月20日(水)から8月10日(水)まで、ホテルJALシティ 関内横浜 1階のカフェ&レストラン シルクにて「夏の三浦野菜フェア」を開催。駅近で便利なに同ホテルにお得に宿泊もできます。
  • 三溪園では、7/22金〜8/14日の金・土・日祝 7時〜 夏の恒例、早朝の蓮をみる会「観蓮会」を開催。蓮を近くで見られる通路を開放。茶店では茶粥、中華風粥など限定朝食メニューが登場。期間中、蓮の茎や葉を使った「はすあそび」(事前申込・有料)や蓮の葉シャワーも。
  • 横浜モアーズは2022年7月25日(月)~8月31日(水)まで「ハシゴバル」を開催。デジタルチケットを購入すると、対象のレストラン&カフェで1500円相当の1フード&1ドリンクを、期間中に2回楽しめるというお得な企画です。
  • 2022年8月12日(金)・13日(土)、2019年以来3年振りに「みなとみらい大盆踊り」が開催されます!今年で13回目を迎える本イベントは、横浜港を望む抜群のロケーションの中、臨港パーク南口広場を会場に、心地よい海風に吹かれながら踊ることができる盆踊りです。また、縁日や屋台コーナーなど、子どもから大人まで楽しんでいただけるプログラムも。
  • クイーンズスクエア横浜が25周年を記念して、デジタルスタンプ抽選会を2022年7月18日(日・祝)〜8月18日(木)まで開催中です。対象の飲食店でスタンプを5つ集めると豪華賞品が当たる抽選会にご参加いただけます。
  • 横浜中華街では、暑い夏を乗り切るために「夏のオススメ!フェア」を2022年7月15日(金)~8月31日(水)開催。暑い夏を楽しく乗り切るアイテムや、見た目に涼しいお料理、暑さも吹き飛ぶ辛いメニューや、涼を楽しむ体験も。
  • ホテルニューグランドでは、7月16日(土)~ 8月31日(水)の期間、「夏のカレーフェア」を開催。「ポークカツレツ&ベジタブルブロシェットカレー」や「シーフードバターカレー」など、計6種類のカレーが登場します。
  • ホテルニューグランドでは、7月と8月の特定日に「Twilight Lounge THE LOBBY 2022」を開催。「横浜市認定歴史的建造物」や「近代化産業遺産」として認定されている本館ロビーが期間限定でバーラウンジに。
  • ホテルニューグランド では、2022年に絵本出版120周年を迎える『ピーターラビットのおはなし』とコラボした宿泊プランアフタヌーンティーを2022年8月1日(月)~9月30日(金)の期間限定で開催。
  • ホテルニューグランドでは、6月1日(水)~ホテル発祥のデザート「プリン・ア・ラ・モード」を美味しさや見た目の華やかさをよりバージョンアップして、新たに「プリン・ア・ラ・モード パフェ」をお届けします。“昔懐かしさ”と“フォトジェニック”を融合したレトロ可愛いパフェです。
  • 横浜・八景島シーパラダイスでは7月16日~8月31日、生きもの本来の魅力にふれながら、涼を感じる夏イベント「サマースプラッシュフェス」を開催します。3年ぶりのシロイルカによる水吹きイベント「スプラッシュタイム」や、夏期限定のオタリアによる水かけイベント、「海の動物たちのショー」などを開催。水族館「ふれあいラグーン」では、ウエットスーツを着用してバンドウイルカとシロイルカのくらすプールで一緒に泳ぐことができるプログラム「イルカ・シロイルカとおよごう」も。
  • 横浜の街全体を舞台にした日本最大級の音楽フェスティバル「横浜音祭り2022」が2022年9月17日(土)から11月6日(日)に開催。主要公演一般チケットが6月13日(月)から販売しています。
  • 2022年8月11日(木・祝)に、横浜ベイホテル東急は、小学生対象のイベント「キッズ食育アカデミー」(各回先着15組限定)を開催。丸山修司ホテル総料理長が小学生を対象に「食育」をテーマにした「味覚の授業」を行います。
  • 横浜ベイクォーターでは5月31日(火)~9月4日(日)の期間、3F メイン広場にて「ランタンナイト」を開催。カラフルなランタンが無数に並ぶ、ベトナムの古都・ホイアンの夜市をイメージした期間限定のライトアップイベントです。
  • 新横浜ラーメン博物館は、1994年3月6日に「全国各地のラーメンを飛行機に乗らずに食べに行ける」をコンセプトとして開業し、2022年で28周年、2年後の2024年には30周年を迎えます。30周年へ向けた取り組みとして、2022年7月1日(金)から2024年にかけた約2年間、歴代ラーメン店が順次出店するプロジェクト「あの銘店をもう一度」を実施します。
  • 横横濱 JAZZ PROMENADE実行委員会は、横浜の秋の風物詩「横濱 JAZZ PROMENADE 2022」(横濱ジャズプロムナード2022)を2022年10月8日(土)・9日(日)に開催。4年ぶりに有観客ライブを行います!

横浜の最新イベント情報