出没!アド街ック天国「横浜石川町」で紹介された場所やお店【2020年8月1日放送】

2020年8月1日にテレビ東京の『出没!アド街ック天国「横浜石川町」』で紹介された場所やお店を、地元ハマっ子がどのサイトよりも詳しくご紹介します。スマホからワンクリックでその場所のGoogle Mapが起動するリンク付きです。マップには、番組で紹介されたスポットをプロットしてあります。それぞれの場所の位置関係を把握するのにご活用ください。また、地元ハマっ子ならではのとっておきの追加情報もお見逃しなく!なお、アド街で放送されたその他の横浜エリアについては下記のメニューよりご覧ください。

今回は、「横浜と言えばベイエリア、みなとみらいやアミューズメントな横浜中華街、そしてショッピングストリート、元町と全国的に知られた街がいっぱい。しかし今、ハマっ子ちが注目しているのはメジャータウンのお隣。元町と一本道を隔てたちょっと地味な商店街に一体何があるのでしょう。横浜の裏!?人気タウンの影に隠れたこの街。華やかさはないけれど狭く細い路地にハマっ子のとっておきが潜んでいます。ということで、今回は横浜の裏、石川町をじっくり探索。

ハマっ子たちが本当は秘密にしておきたい良い店、味な店を今宵暴いちゃいましょう。裏だからこそ気取らず、リーズナブルです。そして、少し足を伸ばせばそこは山手。異国情緒に包まれた、横浜らしい景色にも出会えます。さらに裏の石川町まで詳しくなれば真の横浜通、ハマの奥義を探ります。今回出没する石川町はJR根岸線で横浜駅から3駅。石川町駅を中心としたこのエリアにスポットを当てます。」と言う前振りでスタート。

石川町といえばSHELLYさんということで、メインゲストとして登場。スタジオゲストが他には居ないこともあって、終始、一人でいろいろなチャチャ入れたり、一人ガヤを一生懸命やっていました(笑)。

なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各店舗や施設の営業時間やサービス内容が異なる場合があります。お出かけの際には、事前に各店舗・施設までお問い合わせください。あくまで番組で取り上げられたものをそのまま紹介するもので、個別のお店や場所を推奨・宣伝するものではありません。また、情報はページ作成時点のものです。実際に行かれる際は、それぞれのお店や施設に直接ご確認の上お出かけください。

20位 ー ニューオープン続々

Bouquet d'espoir(ブーケデスポワール)

ショート メリメロ ブーケデスポワール

出典:ブーケデスポワール

石川町には今ハマっ子注目のお店が増加中。ブーケデスポワールは、横浜の大倉山で人気だったパティスリー、クール・オン・フルール(閉店)の奥田シェフが新たに6月20日にオープンしたお店です。店主の奥田勝さんにとって石川町は「下町っぽいところだったりとか、ものすごく皆さん気さくな方ばっかりで、やっぱりいい街だなぁと思ってるし、毎日楽しいですよね。」だそう。

看板はショートケーキ(ショート メリメロ 480円)。アーモンドパウダーを使った、しっとりしたスポンジが他にはないと早くも評判だとか。ちなみに、店名のBouquet d'espoirはフランス語で”希望の花束”という意味です。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-78-10 ビーカーサ石川町101Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩2分
  • 【営業時間】
  • 11:00~19:00
  • 【定休日】
  • 火曜および第2、3水曜日
  • 【オープン】
  • 2020(令和2)年6月20日

hamabread

クロワッサン フランスボワーズ カスクート

出典:hamabread

hamabreadも今年5月にオープンしたばかりのパン屋さんです。ベーカリー激戦区のこのエリアにあって早くもハマっ子の心を掴んでいるとか。なかでも人気はカラフルなクロワッサン。番組で紹介されたピンクのもの(クロワッサン フランスボワーズ 280円)は、フランス ヴァローナ社のフランボワーズチョコが入っています。

番組では紹介されていませんでしたが、各種カスクートも人気のようで昼過ぎには売り切れるそうです。その時々によって内容は異なるそうで、ハムとグリュイエールチーズ、ハニーマスタードチキン、ベーコンとモッツァレラと言ったものが並びます。

小さなお店ということもあり、時間帯によっては店先に行列ができるようです。また、子育て中のご夫婦で営んでいるそうで、子供の行事などで営業時間が変わることもあるようなので、事前にチェックするのをお勧めします。また、電話によるパンのお取り置き対応などはお受けできないそうです。

スタジオのSHELLYさんが「あらな〜に〜?ちょっと知らないわよ!あ、可愛い。すごいキレ〜、美味しそう。」と連呼していました。最近はこの界隈に住んでいないこともあってか、さすがのSHELLYさんも知らないお店が続々登場していますね。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-14−13Google Map
  • 【TEL】
  • 非公表
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩2分
  • 【営業時間】
  • 11:00-17:00
  • 【定休日】
  • 水・日・祝(※不定休有り)
  • 【オープン】
  • 2020(令和2)年5月9日

横浜野菜と日本酒 七草

横浜野菜 七草

出典:横浜野菜と日本酒 七草

変わって駅の真横にありながら隠れ家感が漂う七草は、おととし2018年オープンした日本酒がおいしいお店です。地元横浜の農園から仕入れる無農薬野菜がメニューの中心。今の季節は、みずみずしい白ナスと青ナスをステーキ(えんちゃん農場の茄子ステーキ 1,296円)にして冷酒とともに。

番組では紹介されませんでしたが、横浜無農薬野菜の他、魚は横浜市中央卸売市場から毎日直送で、お料理は和食を中心に、素材の味を生かしたシンプルなものを提供しています。さらに、塩、味噌、醤油などの調味料にはこだわり、化学調味料や添加物などが使われていないものを選んでいます。その他乾物や粉ものなども、国産にこだわり使用しているそうですよ。

横浜出身の店主 南雲信希さんにとってこの街は「すごく、こう地域密着型。店同士のつながりもすごくあって、プライベートでも付き合いがあったりして、すごく楽しいですね」だとか。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-62-5 東国屋ビル2FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【月・水~金・土・日 ディナー】:17:00〜23:00(LO22:00)【土・日:ランチ】11:30~15:00(LO14:00)
  • 【定休日】
  • 日曜日、年末年始(月によって異なる)
  • 【座席数】
  • テーブル席x2、カウンター席x8
  • 【オープン】
  • 2018(平成30)年3月10日
  • 【その他】
  • カード可、PayPay、完全禁煙

季節の喫茶 吉住(番外)

吉住1 吉住2

出典:季節の喫茶 吉住

番組では「石川町には今ハマっ子注目のお店が増加中」という場面で写真と店名だけ流れたお店の一つがこちらです。少し駅周辺からは離れているからかもしれませんが、お店は13位で紹介された「地蔵坂」を上りきった少し先にあります。

旅館のラウンジをコンセプトにした木材で構成された、今年オープンしたばかりの落ち着いた雰囲気のカフェです。以前オーナーの祖母と一緒に経営していた「旅館 吉住」への思い入れから、その名前だけでも残そうと、看板に「吉住」の名を掲げたそうです。

建物が高台にあるため、店内奥のベランダからは見晴らしのいい景色が広がり、風の通り抜けが良い空間です。月替りのこだわり珈琲や自家製シロップで作るソーダをはじめ、自家製のチーズケーキ(ソースは季節により変わります)などの手作りスイーツをいただけます。さらに、週替わりの焼魚定食もあります。確かにどこか旅館っぽいですね。

この季節、地蔵坂を歩いて上るのは少々大変ですが、上がった先の静かな場所でホッと一息つけるお店があるのは嬉しいですね。まだオープンして間もないこともあって、オペレーションで少々苦労されているようですが、ゆったりとした空間のようなので、こちらものんびりした気持ちで立ち寄れるといいですね。

  • 【住所】
  • 〒231-0866 横浜市中区柏葉109-3Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩10分
  • 【営業時間】
  • 11:00〜19:00
  • 【定休日】
  • 毎週月曜日、毎月最終週の日曜日※月曜日が祝祭日の場合は翌日火曜日がお休み
  • 【座席数】
  • 非公表
  • 【オープン】
  • 2020(令和2)年3月7日
  • 【その他】
  • PayPay

横濱バナナジュース 元町・中華街店(WAI’OLU STARS)(番外)

横濱バナナジュース1 横濱バナナジュース2

出典:横濱バナナジュース

こちらも店舗の写真だけ紹介された一つの、完熟バナナジュースのお店です。東神奈川店に続く2店目が最近オープンしました。バナナの熟成具合や完熟バナナの在庫がない場合はお店は閉店するので、お出かけの前には事前にお店に問い合わせるのが良さそうです。

  • 【住所】
  • 〒231-0024 横浜市中区吉浜町2-20 鰐部ビル1階Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」北口より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【平日】9:00〜19:00【土日祝】11:00〜19:00
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【座席数】
  • 14席(カウンター4席、テーブル8席、ソファー2席)
  • 【オープン】
  • 2020(令和2)年5月27日
  • 【その他】
  • カード・電子マネー可、全席禁煙

Vati(ふぁてぃ)

ふぁてぃ1 ふぁてぃ2

出典:食べログ ふぁてぃ

こちらも店舗の写真だけ紹介されたお店の一つのパン屋さんです。場所は7位で紹介された「小山湯」が入るビルの1階にあります。最近の都会的なおしゃれなベーカリーというより、どちらかというと下町のパン屋さんのような感じです。毎日沢山の手作りパンが用意され、小さいながらもテラス席があり、そこでコーヒー、紅茶、オレンジジュースがいただけるイートインスペースがあります。なお、外のテラス席はわんちゃんOKなので、お散歩の途中にちょっと休憩にも良さそうです。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町3-106-4Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩5分
  • 【営業時間】
  • 10:00〜19:00
  • 【定休日】
  • 日曜日・祝日
  • 【座席数】
  • テラス席、イートインスペースあり
  • 【オープン】
  • 2019(令和2)年4月8日
  • 【その他】
  • 現金のみ。外のテラス席はわんちゃんOK。

19位 ー MOTOMACHI 花こ

MOTOMACHI 花こ1 MOTOMACHI 花こ2

出典:Google Map MOTOMACHI 花こ

地元で人気の花屋さんです。「支持されるわけは豊富な品揃え。鉢植えがおよそ100種類に切り花はおよそ200種類。コロナ禍の今、切り花は生産者応援価格でどれでも1本198円。胡蝶蘭(1本)も198円!バラも(1本)198円!バラのラインアップも圧巻です。」と紹介されていました。筆者もよく利用するのですが、鉢植え半額セールもよくやっていたりと、良いものがとにかく安く買えます。

どうやって儲けているのかなと気になっていたのですが、やはりというか、山手の豪邸のマダムたちに支えられていたんですね。番組では、普段たくさん並んでいる店頭の花がごっそりない様子と、それらを何とワンボックスカーハイエース2台!にぎっしり積み込んでいる映像が流れました。これから配達へ伺うというご主人(代表取締役 石井伸夫さん)に何軒回るのかと伺うと、1軒のお宅に届けるのだとか。

山手の常連は、綺麗なの全部今日持ってきてっていうのが多いんだそうです。この山の上にはそういうスゴイお宅がたくさんあります。石川町のお隣山手は(県内屈指の高級住宅街 山手地区)横浜屈指の高級住宅街。番組では、この配達先のお宅に許可をいただき、花このご主人に撮影をお願いしてその様子が流れました。

「自動で開く鉄の扉の奥には、個人宅とは思えない手入れが行き届いたお庭。季節の花が咲き誇り、その先では純白の彫像が迎えてくれます。石川町の花屋さんが異次元の世界を支えていました。」と紹介されていましたが、山手を散歩しながらこうした邸宅を見て回る(中は見えないけれど)のも楽しいです。

余談ですが、2012年のフジテレビのドラマ「結婚しない」の舞台として利用されました。解放感のあるガラス張りの入口を抜けた先は、ヨーロッパの花屋さんの雰囲気で、2階にはヨーロッパの庭園を思わせる数々の雑貨も販売しています。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-60-1Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【日〜木】10:00~19:00、【金土】10:00〜20:00
  • 【定休日】
  • 年中無休
  • 【その他】
  • カード可

18位 ー MITSUTEA(ミツティー)

MITSUTEA1 MITSUTEA2

出典:MITSUTEA

全国の紅茶好きがチェックするスリランカの紅茶セイロンティーの専門店です。厳選した茶園から直輸入してスリランカの7大産地から茶園別で販売しています。現地の茶園で修行をした店主の中永さんは(店主 中永美津代さん)スリランカ紅茶局から推薦状をもらった日本では数少ないエキスパートです。「今の季節ならコンコルディア茶園の茶葉(コンコルディア茶園の清涼水出しアイスティー ティーバッグ6個入り810円)を水出しで。レモンのような爽やかな香りが広がります。」と爽やかなドリンクの映像が流れました。

中永さんは現地の茶葉園を巡るツアーを開催しているのですが、コロナ禍で海外旅行が難しいため、オンラインでのスリランカツアーを開催しています。参加者には紅茶をはじめ、スリランカの名物やガイドブックを事前に送付。スリランカ応援セット 欲張りセット:お菓子セット、紅茶、ジュース、お酒、カレーセット、ガイドブック、旅行案内(12,000円 送料込)※回により内容・金額は異なります)

オンラインツアーでは、まずGoogle Earthで現地へ飛び、茶園に着いたら生産者とも(ビデオ通話アプリで)交流。ツアーの道中に事前に受け取ったセット内容をみんなで同じものを食べながら、バーチャルで行った気になれます。さらに、中永さんは紅茶のテイスティング講座も配信。

参加した方は、「いつかはスリランカに行きたいなと思わせてくれる良い時間でした。紅茶をすごい飲んでたので何度もトイレで退席しました。ツアーが4時間もあるのでたっぷり飲んじゃって。」と話していました。次回は9月5日開催予定です。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-69 メゾンリブレ 1FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 12:00〜17:00
  • 【定休日】
  • 月によって営業日が異なる

17位 ー チングルベル

チングルベル1 チングルベル2

出典:チングルベル

番組で「石川町駅から徒歩1分。ちょっと気になるお店を見つけました。黄色いお店がコインパーキングい挟まれ不思議なオーラを放っています。」と紹介されていましたが、かなり目立つのですぐわかると思います。周りの建物が取り壊されてコインパーキングになり、この一軒がなくなればまとめて新しいビルでも立つんだろうなぁくらいにいつも思いながら目の前を通っていました(笑)。

チングルベルは古着屋さんで、70年代から90年代の古着が中心。グアムのセブンイレブンのTシャツ(1,900円)やイタリアNaliniサイクルパンツ(100円)など、店主(後藤幹雄さん)の振り切ったセレクションにコアなファンがついているのだとか。芸能界の個性派、片桐はいりさんもそんな常連の一人。チューリップ帽(1,500円)を被ってビデオ映像で登場。

片桐さんは、石川町が大のお気に入りだそう。「東京の色んな所に行くと、オシャレなものがいっぱいあるじゃないですか。ちょっとトゥーマッチなんです。私にとっては。なので横浜とか石川町の辺りの、この散乱具合っていうんですか。オシャレの散りばめられ具合が、私には本当ちょうど良い。チングルベルには10年近く通っています。いる〜?みたいな感じでのぞいて帰って。で、表に吊ってあった、これ吊ってあったやつです。面白いものがたくさんあるので。」と話されてました。スタッフから「結構な時間お店に滞在されると聞いたんですけど?」と問われると、「基本、無駄話しに行っている。試着したおして買わない時もありますしね(笑)」と語るほどお気に入りのお店みたいです。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-72Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 13:00〜21:00
  • 【定休日】
  • 不定休

16位 ー 石原クリーニング きんすシミ抜き研究室

「住宅街にモダンな一軒家。実はここ昭和35年創業のすごいクリーニング店です」と冒頭で流れましたが、こちら本当に凄かったです。金須壮央さんは、京都に伝わる技術を習得した服の修復士(京都術修染会修復士)で、シミ抜きの作業はまずマイクロスコープを使い、肉眼ではわからないシミの状態を分析。ベストな手法で丁寧に落としていきます。さらに、色が落ちてしまった場合は同じいろになるよう染料を調合し、元の状態に修復します。

ここまででもすごいのですが、さらにこの後が凄いんです。「そんな達人のもとに届いたあるご婦人からの依頼。それは50年ほど前に着た思い出のウェディングドレス。色はあせ、無数のシミがつき飾りもボロボロになっていました。しかし2か月後、ウェディングドレスは時を戻したように美しい姿によみがえりました。ビーズもすべて付け直し忠実に再現」。そしていよいよ修復したドレスを依頼主にお渡しするとき、実際に袖を通して見せてくださり、「石川町のクリーニング屋さんが願いを叶えてくれました」と締め括っていました。

番組では触れられていませんでしたが、これは技術提携先の元町にある小さなお直し屋さん「リメイクサロン芙海」とのコラボで実現しているそうです。近所にこのようなクリーニング屋さんがあったら、昔の大切な思い出を蘇らせることができていいですね。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町4-158-10Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩10分
  • 【営業時間】
  • 9:00〜20:00
  • 【定休日】
  • 日曜日・祝日
  • 【創業】
  • 1960(昭和35)年

スタジオトーク

《イノッチ部長》「いやぁ、あれはすごいですね。」

《峰さん》「すごすぎでしょ!」

《吾郎さん》「シミが落ちただけじゃなくて、生地自体の張りとか。」

《峰さん》「そう。蘇っているもんね。」

《薬丸さん》「神だね。まじで。」

《イノッチ部長》「しかもまたね、現在のあの方が着てくださるっていうのは。よかったわぁ。」

《峰さん》「よかったぁ。」

スタジオトーク

《イノッチ部長》「さぁ、Shellyさん。横浜石川町といえば。」

《SHELLYさん》「あの・・・。ベニーズプレイスがある所ですね!(とわざと大袈裟に)ホントに私の父の店がある街なので、めちゃめちゃ詳しいです。私の第2の家です。石川町。で、石川町の裏感に気付いてくれたっていうのが、もうホントにちょっと複雑なんですけど。やっぱりわかります?っていう気持ちと、あぁ〜バレちゃったっていう。」

《イノッチ部長》「ああなるほど。」

《SHELLYさん》「そうなんですよ。」

《イノッチ部長》「そうか。」

《吾郎さん》「片桐はいりさんがおっしゃってたじゃない。ちょうどいい散らばり方っていうね。やっぱりね、それがいちばんいい街だと思いますよ。こう街を面で楽しめるっていうね。」

《SHELLYさん》「歩いていると突然、何これ?あ、何これっていう。コインパーキング、チングルベル、コインパーキングみたいな。そんな雰囲気なんです。ホントに。」

《イノッチ部長》「ちょっと1日じゃ回りきれないかもしれないですね。」

《SHELLYさん》「あ、でも1日で回れると思います。笑」

《イノッチ部長》「回れますか?」

《SHELLYさん》「そんな広くないです。」

《イノッチ部長》「そっか。」

15位 ー ラトリエ ドゥ アンティーク(L'atelier de Antique)

アンティークホール マリアージュ 2人のためのウェディングケーキ

出典:ラトリエ ドゥ アンティーク

こちらのお店では、世界レベルのケーキに出会えます。オーナーシェフの菅原智大さんは、洋菓子のアジア大会や世界大会で優勝した実績を持つ逸材。時計をモチーフにしたスペシャリテアンティークは、2015年トップオブパティシエインアジア優勝作品(アンティークホール 18cm 8,640円)。スパイスが香るムースショコラをはじめ、9層(ムースショコラ、ヘーゼルナッツクリーム、ビスキュイショコラ、ヘーゼルナッツサブレ、グラサージュキャラメル、キャラメルマンダリン、ガナッシュ、ヘーゼルナッツダコワーズ、ヘーゼルナッツのジャンドゥージャ)の味のグラデーションが芸術的です(1カット 756円)。

2019年にはワールドトロフィーオブペストリーアイスクリームチョコレート優勝した天才シェフが、その技術とセンスを注ぎ込んだ最新作がミニミニサイズのケーキ。その名は「マリアージュ 〜二人のためのウェディングケーキ〜」(高さ9cm 864円 要予約)。新型コロナウイルスの影響で挙式が延期になったカップルに楽しんでもらおうと考案したそうです。「かわいいケーキ入刀で初めての共同作業。あま〜い新婚生活をスタートできます。」と締め括っていましたが、なんかいいですね!

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-70 渡辺ビル 1階Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 11:00〜19:00
  • 【定休日】
  • 不定休
  • 【オープン】
  • 2018(平成30)年6月15日
  • 【予約】
  • ケーキの予約は、店頭、電話InstagramのDMから
  • 【その他】
  • カード可

スタジオトーク

《イノッチ部長》「峰さん、これ結婚記念日でも良さそうですよね?」

《峰さん》「いいよね。今年の7月でもう45年ですから。」

《SHELLYさん》「うわぁ〜。おめでとうございます。」

《峰さん》「いかに私が我慢してるかって言う。そう言う話じゃない?笑」

《イノッチ部長》「お疲れ様です。」

《峰さん》「このラトリエドゥアンティーク私行ったんですよ。で、カップに入ったのを。もう味がなんか一番下がスポンジになってて。すごいなんか凝ってるっていうのかな。美味しかった。」

《イノッチ部長》「確かにあの時計。」

《吾郎さん》「これはちょっと見逃せないですね。」

《峰さん》「時計思わず動くのかと思っちゃったもん。」

《イノッチ部長》「ねぇ動きそうですもんね。」

《吾郎さん》「これあの時計のやつの中でしょ?これが素晴らしい。よくね見た目はあれだけど味はって言うのが多い中、間違いなく美味しいですもん!」

《SHELLYさん》「美味しそう〜」

《イノッチ部長》「絶対美味しい。」

14位 ー ハマのイタリアン

リストランテレガ(RISTORANTE REGA)

レガ REGA レガ REGA

出典:RISTORANTE REGA

今回のエリアには小さなイタリアンが7軒。石川町にはハマっ子のお気に入りが集まっています。横浜の裏、石川町ではハイクラスからカジュアルまでより取り見取り。その一軒のREGAには、舌の肥えた山手のマダムが通います。オーナーシェフはフィレンツェやローマの星つきレストランで修行。洗練された品々を共します。番組では、REGAスペシャルコース10,000円が流れました。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-66-3 ル・フェニックス1FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【火~金】(ランチ)11:00~14:30(L.O)(ディナー)18:00~22:00

    【土・日・祝】(ランチ) 11:00〜13:00 (1部)、13:30〜15:30(2部)(ディナー) 18:00~22:00
  • 【定休日】
  • 月曜日(但し、祝日はランチより営業)
  • 【座席数】
  • 25席(個室・半個室あり)
  • 【オープン】
  • 2008(平成20)年5月15日
  • 【その他】
  • カード・電子マネー可、全席禁煙、ドレスコードは特になし。ディナータイムのみ10%のサービス料を頂戴します。

Pizzeria Quo Vadis(ピッツェリア クオ ヴァディス)

Benny’s オリジナルピザ ストロッツァプレーティラグーディサルシッチャ

出典:TV TOKYO ピッツェリア クオ ヴァディス

こちらもイタリア帰りのシェフが営むお店。「ピッツェリア クオヴァディスにはこちらのお二人もよくいらっしゃいます。(SHELLY:あれっ えー 笑 まさか?)二人はSHELLYさんのご両親(母スエコさん、父ベニーさん)(SHELLY:スエコさんとベニーさんじゃない!)」という茶番とともに紹介されました(笑)。石川町の回は完全にSHELLYさんワールドです。

スエコさんが「具合が悪くて食欲がない時でも『何なら食べられる?』って(ベニーさんに)聞くと、『ここのピザ!』って答えるんですよ。」と話すと、ベニーさんが"For me, it’s like ramen for a Japanese. Where there are so many different ramen shops that everybody has a different flavor. So my flavor of pizza, I like this one."(番組訳:僕にとっては日本人のラーメンと一緒でたくさんの店があるけどみんな好みがあるじゃない?僕のピザの好みはこの店のなんだよね。)と解説してました。

ベニーさんが愛するそのピザは、アンチョビとケーパーの塩気をきかせ、オリーブと辛いサラミおたっぷりトッピングしたBenny’sオリジナルピザ(1300円)。辛いものが好きなベニーさん専用の裏メニューです。ベニーさんは、一口頬張るとウィンクしながら「美味しい!」とコメントして締め括ってました。それにしてもホントに美味しそうに、嬉しそうに食べてました!

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-25Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩4分
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】11:30~15:00(LO 14:30)【ディナー】17:30~23:00(LO 22:00)
  • 【定休日】
  • 不定休(水曜はランチのみ)
  • 【座席数】
  • 20席
  • 【その他】
  • カード・PayPay可、予約可、禁煙

スタジオトーク

《SHELLYさん》「今さっき父親に電話したんですよ。今日ちょっと番組でお店のこと話するから。「あっ そうなんだ」っていやいや知ってるじゃん!」

《峰さん》「うまいよお父さん。さすがお父さん。」

《SHELLYさん》「うち父親がイタリア系のアメリカ人なんですよ。

《峰さん》「それでそうなんだ。」

《イノッチ部長》「そうなんですよ。だからちょっと説明不足でしたね。ラーメン屋さんの話。まぁピザ屋さんはすごくホントにいっぱい食べてきた中で、もうここが出来てからは全然他へ行かなくなっちゃって。私も大好きな。私はここのパスタが好きなんですよ。これこれ!全部手作り。生パスタなんですけど。なんかねストレッチャ▽$%◎〜#なんとかみたいなやつなんですけど。

《須黒アナ》「あ、正式名はですね。ストロッツァプレーティラグーディサルシッチャ。」

《SHELLYさん》「そう!そう!そう!。」

《イノッチ部長》「言ってもらってるじゃん。」

《SHELLYさん》「絶対覚えられなくないですか?だけど行くとこれいつものやつ作ってくださいって言うと、イタリアンソーセージを、手作りのソーセージを崩したのをトマトクリームソースみたいなので。でパスタも1本1本ひねって作ってるんですよ。こうやって。クルクルってなってるんで、パスタの分厚い部分とこう薄いきし麺みたいな部分とモチっとした部分があって、それにソースが絡んでめちゃくちゃ美味しいんですよ。で、私は今まで食べた中で1位です。」

《イノッチ部長》「本当?」

《SHELLYさん》「これうちのお父さんのお店の下にあるんですけど。こんな便利な所にこんなに美味しいお店があるって言う。」

《薬丸さん》「あんまりじゃあ宣伝しちゃうと、上のお父さんのお店に行ってくんないんじゃない?」

《SHELLYさん》「あだから、ランチはここに来ていただいて、夜はベニーズプレイスへ。」

オイノス 石川町(OINOS)(番外)

オイノス 石川町1 オイノス 石川町2

出典:Oinos 石川町

今回のエリアには小さなイタリアンが7軒と冒頭でナレーションが流れたのにも関わらず、実際に紹介されたのは2軒でした。どう考えてもSHELLYファミリーの尺が長すぎて、他は大幅にカットせざるを得なかったのでしょう(笑)。その中で辛うじて一瞬店名が出たのお店の一つがこちら。路地裏にあるイタリアンダイニング&バルです。

「イタリアのバルのような陽気と気軽さで、本格リストランテの料理を楽しんで頂きたい」そんな思いをコンセプトに2012年にオープン。相模湾で取れる新鮮な魚介や三浦や鎌倉などの名産地の朝採れ野菜などの食材を自ら仕入れて、新鮮でおいしいお料理をリーズナブルに提供しています。厳選したワインやこだわりのカクテルとフレンドリーで陽気なスタッフが接客してくれます。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1−21Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩30秒!
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】11:30~15:00(L.O. 14:00)【平日ディナー】17:30~23:30(L.O. 22:30)【土・日・祝ディナー】17:00~23:30(L.O. 22:30)
  • 【定休日】
  • 月曜日(祝日の場合は翌日火曜休み)
  • 【座席数】
  • 36席(カウンター10席、テーブル28席)
  • 【オープン】
  • 2012(平成24)年7月2日
  • 【その他】
  • カード可、分煙。サービス料、チャージなし。

NAVIGANTE - 季節の旬菜イタリアン ナビガンテ(番外)

NAVIGANTE1 NAVIGANTE2

出典:NAVIGANTE

もう一軒、一瞬だけ店名が出たのがこちらのお店。「イタリアンを、気軽に、リーズナブルに。」をコンセプトに、本場ジェノバや沼津での修行を経て、地元 横浜にオープン。沼津の鮮魚と伊豆野菜をふんだんに使い、美容にも健康にも効く、ちょっとお得なイタリアン。

大事な記念日や誕生日、サッカー観戦などでもおいしい料理に豊富なワインで、気軽にわいわいできるお店です。店内はあまり冷房を効かせず、冷やしすぎないように。化粧室ではちょっとした気配りがいろいろと配備されているのだとか。

これで4軒ご紹介しましたが、残りの3軒はどこをカウントしていたんだろう。皆さんのお勧めのお店があったら教えてください。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 県横浜市中区石川町1-25 みつぼビル 1FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩3分
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】11:30~14:00(LO)(CLOSE 15:00)【ディナー】17:00~21:00(LO)(最終入店20:00 CLOSE 22:00)
  • 【定休日】
  • 火曜日、第2第3月曜日ディナー。不定休有り。
  • 【座席数】
  • 20席(テーブル席14席 カウンター席6席)
  • 【オープン】
  • 2015(平成27)年4月10日
  • 【その他】
  • カード・電子マネー可(パン代席料としてお一人様300円かかります。現金の場合は無料)、全席禁煙

13位 ー 坂

地蔵坂 昔の地蔵坂

出典:TV TOKYO

ここで「坂」がランクインしたのですが、石川町や元町は昔は入海があった場所でその縁にあたります。埋めて立てられた後3本の川が作られ、その一つが石川町駅の下を流れる中村川です。川に沿って石川町や元町の町はあります。そして、かつての岸壁の高台にあるのが山手。その山手と元町や石川町を結ぶように坂がたくさんあります。

石川町から高台の山手へ向かう途中には、牛のようにゆっくりでなければ上り下り出来なかったと言う「牛坂」など街の歴史を物語る数々の坂が今も残っています。

番組では横浜が開港した幕末に新しく作られた「地蔵坂」が紹介されました。道幅が広く明治から大正にかけ賑わいを見せたこの坂には、一際活気づく鶴屋という呉服店がありました。実はこの鶴屋こそ今銀座に構える百貨店、あの松屋銀座の前身なのです。鶴屋の名残は松屋のロゴに(松屋銀座の旧ロゴ 株式会社松屋提供)残っていました。「のんびり歩いて思いを馳せるのもこの街の楽しみ」と締め括っていました。

元町から山手にかけては、散策しながらカフェに立ち寄ったり、自然を楽しむのに人気の観光スポットです。けれど、夏の季節はこの坂が結構キツイです。実は山手エリアに坂を歩いて上らなくて済む楽な方法があります。それはみなとみらい線「元町・中華街駅」6番出口を利用すること。石川町エリアからは少し離れますが、坂の上まで、エアコンが効いた中、エスカレーターやエレベーターで上がることが出来ますよ!

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩2分

12位 ー SHIMOMURA

SHIMOMURA

SHIMOMURA1 SHIMOMURA2

出典:SHIMOMURA

第12位は、石川町の美食を牽引する一軒「SHIMOMURA」とそのお弟子さんたちのお店です。季節を感じられる食材を使った和食のお店で、店主は数々のコンテストで受賞歴を持つ下村さん(料理人 下村邦和)。番組では、創作和食のおかませコース「器の空〜うわのそら〜 8,580円」が流れ、「美しく繊細な世界へと誘います」と紹介されました。スペシャリテは、このコースにも含まれる「雪のしずく」。牛乳や生クリームのあんの下にマッシュポテトと甘辛い豚肉が隠れています。

よくこの店の前を通ったことがあるのですが、場所が場所だけにこういう内容のお店だとは思ってませんでした。日本料理、懐石料理で修業したオーナーシェフは、調理法に拘らないのが拘りだとか。番組での様子やホームページに書かれている内容や書き方の感じから、拘りが隅々まで多く、どことなくお堅いイメージがします。そんな職人気質のお料理を法事、お祝い事、各種催事などの特別な日に利用するのが良さそうですね。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町3-107Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩3分
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】11:30~15:30(L.O. 13:50)【ディナー】17:00~22:30(L.O. 20:50)
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【座席数】
  • 34席(1階4名様個室4部屋、2階10名様のお部屋2部屋)
  • 【オープン】
  • 2009(平成21)年5月20日
  • 【その他】
  • カード・電子マネー可、全席禁煙(ディナータイム個室のみ喫煙可)、完全予約制、チャージ料300円

創作料理4040(ようよう)

創作料理4040 はまポークのとろとろ角煮

出典:TV TOKYO 創作料理4040

下村さんのお弟子さんの一人、店主 高橋陽介さんと女将 洋子さんが切り盛りするお店がこちら。「ようよう」は気軽に楽しめる創作和食で、店名はお二人の名前に「よう」があることから二人合わせて名付けたそうです。すべては下村さんから教わったという高橋さんが得意とするのは、カツオだしで炊き上げたはまポークのとろとろ角煮(1,630円)。「素材のよさを引き出すだしのきかせ方に下村イズムが息づきます。」と紹介されてました。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-62-5Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【平日・土】〈ランチ〉12:00~14:00〈ディナー〉17:00~23:00(L.O. 22:00)【日ディナー】17:00~21:00(L.O. 20:00)
  • 【定休日】
  • 水曜日
  • 【座席数】
  • 11席(カウンター5席、テーブル2つ)
  • 【オープン】
  • 2016(平成28)年5月13日
  • 【その他】
  • カード可、予約可、完全禁煙

志木葉 懐石よしひと

懐石 桜コース 天然鮎一夜干しの土鍋ごはん

出典:TV TOKYO 志木葉 懐石よしひと

かわっては路地に隠れる一軒家の名店「志木葉〜懐石よしひと〜」。2015年には神奈川県版ミシュランガイドで一つ星獲得した、もう一人のお弟子さん(主人 渡邊佳人さん)のお店です。「これはもう僕の力だけじゃなくってホントに親父(下村さん)の力がもう半分以上 本当にもう感謝しかないです。」とコメントしていました。

ひと品ごとに食べる人を高揚させる細やかな仕事。懐石 桜コース(8,000円)が紹介され、その懐石コースのシメには今の季節なら鮎の土鍋ごはん(天然鮎 一夜干しの土鍋ごはん)がいただけます。「美食の連鎖で石川町はますますおもしろくなっています」と締め括っていました。内容からすると一見敷居が高そうですが、店主の雰囲気から利用してみたいという印象を受けました。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-24-1Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩4分
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】11:30~15:00(最終入店時間 13:00)【ディナー】18:00~22:00(最終入店時間 20:00)
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【座席数】
  • 22席(1階8席、2階14席)
  • 【オープン】
  • 2011(平成23)年9月7日
  • 【その他】
  • カード可(ランチは現金のみ)、完全予約制、全席禁煙

11位 ー 地元民の休憩所

純喫茶 モデル

純喫茶 モデル メロンフロートとタマゴサンド

出典:食べログ 純喫茶 モデル

石川町駅北口改札を出て、左手に向かうと横浜中華街へ抜けられるのでほとんどの方はそちらに向かうと思います。それとは逆の右手に出てすぐ隣に、昭和49年創業の純喫茶モデルがあります。街の一角で昭和な空気を漂わせるレトロな一軒。この店の名物はかわいいコースターにのせられたクリームソーダ(メロンフロート 550円)と玉子焼きのサンドイッチ(タマゴサンド 450円)。「街の人たちがそれぞれに行きつけにする居心地がよいスポットもこのエリアには多いのです」とナレーションが流れてました。

このエリアを知らない方へちょっと補足ですが、モデルがある側はラブホテル街と寿町(ドヤ街)と続くエリアです。観光客は皆無の場所なので、特に若い女性が一人で行くのはあまりオススメしません。この界隈に詳しくても、日中でもちょっぴり怖い気がします。石川町駅は北口(中華街口)と南口(元町口)は川を挟んで全く異なる文化で形成されています。

  • 【住所】
  • 〒231-0024 横浜市中区吉浜町1-7 房州ビル1FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」北口よりすぐ
  • 【営業時間】
  • 10:00~17:00
  • 【定休日】
  • 通年営業(臨時休業あり)
  • 【座席数】
  • 46席
  • 【オープン】
  • 1974(昭和49)年
  • 【その他】
  • 現金のみ、全面喫煙可

喫茶 エレーナ

喫茶 エレーナ 特性かぼちゃプリンのア・ラ・モード

出典:食べログ 喫茶 エレーナ

打って変わって、こちらは山手の丘で45年愛され続けるのが白い外装の喫茶エレーナ。大きくとられた窓から港町 横浜らしい景色を眺めながらくつろげます。こちらに足しげく通ったのがウイスキーのおじさんの生みの親画家の柳原良平さん。ここから行き交う船を見るのが好きだったそうです。

オープンから変わらぬ名物は、特製かぼちゃプリンのア・ラ・モード(700円)。番組では、アッサム・ミルクティー(750円)と合わせて紹介されました。この場所はあまり観光客がわらわらいるところではなく、高級住宅街にあるので、とても静かで穏やかな時間が流れています。かつてのように行き交う船こそ見えませんが、高台の縁に立っているので、みなとみらい方面が見渡せとても見晴らしがいいですよ。個人的にもオススメの一軒です。

  • 【住所】
  • 〒231-0862 神奈川県横浜市中区山手町24Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩5分
  • 【営業時間】
  • 9:00~20:00 (L.O. 19:30)
  • 【定休日】
  • 水曜日、第1火曜日
  • 【座席数】
  • 24席(入り口4席、奥側20席)
  • 【駐車場】
  • 4台
  • 【オープン】
  • 1975(昭和50)年
  • 【その他】
  • 現金のみ、禁煙

甘味処 いろり

フルーツソフトあんみつ 焼きそば

出典:食べログ 甘味処 いろり

元町商店街寄りにある、昭和48年創業の甘味処 いろり。ここがお気に入りだったのは、あの伝説の女優と言われる夏目雅子さんだそうです。山手のモービル石油の日本支社長宅に住んでいた頃に通われたのでしょうか。

番組では以前にも出演した谷原章介さんがビデオ出演。前回も話していましたが、元街小学校(中区山手町)出身で(SHELLYがえー!ってのけぞってたけど、いや知ってたでしょってツッコミそうになりました笑)、石川町の駅の近くに行って色々とお買い物をしたりとか買い食いしたりとかして、そんな風に友達と遊んだ街なんだとか。

「なんて言うんですか。こうあんまりお高くとまっていないんですよね。全然こう肩肘張らない、どちらかと言うと昔ながらの下町の魅力がつまったそんな街でございます。」なかでもいろりは忘れられない場所。「デートしてた頃に行きましたね 高校生の頃デートしてよくいろり行きましたねぇ とりあえずおしるこ(田舎じるこ 680円)みたいなのを食べて。夏場はあんみつ、クリームあんみつ(フルーツ生クリームあんみつ 680円)とか食べてました。」と語ってました。

ざらめを溶かした自家製の赤みつをかけていただくフルーツ生クリームあんみつは開店以来の看板メニュー。「あと甘味処なんですけども焼きそばとかお料理っぽいものもとても美味しくてですねしょっちゅう行ってました。」谷原さんがよく食べていたのは、甘辛い肉そぼろを麺やキャベツと一緒に鉄板で炒めたソース焼きそば(580円)。テーブルに添えられた中濃ソースは、濃い目が好きな人のための追いソース用。「ミスターハマっ子の青春の味が石川町にありました。」と締め括っていました。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-1Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩2分
  • 【営業時間】
  • 11:00〜19:00
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【座席数】
  • 30席
  • 【その他】
  • 現金・PayPay、禁煙

スタジオトーク

《イノッチ部長》「わぁ。谷原さんあの店でデートしてたんだって。」

《SHELLYさん》「知らなかったです。めちゃめちゃ地元近かったですね。今度あったらいろいろ話したいと思いました。」

《イノッチ部長》「ねぇ。小学校もね。」

《SHELLYさん》「そうですよね。元街小学校だったんですね。」

《イノッチ部長》「うん。あのお店はやっぱ有名なんですか?」

《SHELLYさん》「有名です。有名です。私もよく行ってあのおしるこも食べますし、あとあべ川餅(680円)とか好きで結構行きます。ゆっくりしに。」

10位 ー 広東料理 旭酒楼(あさひしゅろう)

野菜と海鮮炒め 中華風かつ丼

出典:TV TOKYO 広東料理 旭酒楼

中華料理にうるさいハマっ子も納得の名店として紹介されました。「明治43年(1910)に創業した広東料理の老舗の味はどれも極上です。三代目は東京の名店中国飯店で研鑽を積みました。」野菜と海鮮炒め(1,870円)や土鍋麻婆豆腐(1,210円)が流れ、「その確かな味は中華に厳しいハマっ子たちを唸らせています」と広東料理が紹介されるかと思いきや、皆さんの予想を裏切る料理が。

そんな老舗の名物はパーコーではなく、中華スープで作った卵あんかけをかつライスにたっぷりかけた「中華風かつ丼 1,320円」。衣が立ったサクサクのかつに、トロトロのあんが絡みます。番組ではそれしか紹介されませんでしたが、皆さんの書き込みを見るとランチセットで出てくるラーメンが美味しかったとか、杏仁豆腐が絶品というのが多く見受けられました。また冬季限定ですが、具材が豊富の火鍋も人気のようです。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町3-108-12Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩3分
  • 【営業時間】
  • 【月・水~土】11:30~22:00(L.O. 21:30)【日・祝】11:30~21:30(L.O. 21:00)※営業時間がサイトによって異なるため、行かれる際にはお店へご確認ください。
  • 【定休日】
  • 火曜日
  • 【座席数】
  • 31席(テーブル席22人 カウンター席9人 貸切テーブル席は、30人迄)
  • 【創業】
  • 1910(明治43)年
  • 【その他】
  • カード・PayPay可、全席禁煙

9位 ー ハマっ子の行きつけ

Brasserie AMI

Brasserie AMI ラムチョップ

出典:食べログ Brasserie AMI

お隣元町の店々が閉まると石川町には仕事を終えたハマっ子たちが集まってきます。一際にぎわうのがフランス語で友達という名の店「AMI」。SHELLYさんが「これ、ちなみにさっきのチングルベルの隣のコインパーキングの隣です。コインパーキングを挟んだらチングルベル。」とツッコミを入れてました。

そんなお店で味わえるのは手間暇かけたフレンチです。ワインが進む人気のラムチョップ(2,500円)。ラムの骨から2日かけて取ったブイヨンのソースも絶品です。この店の常連という3人(日本大通り「レストラン アルティザン」オーナーシェフ佐藤剛・惠美子さんと以前中華街の回で紹介された山下町「デュ・ヴァン・ハッシシ」オーナーシェフ 西村久男さんが来店中でした。

「実はご近所の同業者。ここはフレンチの名店のオーナーシェフたちが1日の疲れを癒やす場所なのです。」と紹介されました。多い時にはシェフが8人とかみんな集まるそうです。惠美子さんは「石川町には気兼ねなく寄れるお店がいっぱいある」と言っていました。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-72-1Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 17:00~24:00(L.O. フード23:00、ドリンク23:30)
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【席数】
  • 12席
  • 【オープン】
  • 2013(平成25)年11月1日
  • 【その他】
  • カード・PayPay可、全席禁煙

焼肉 とらちゃん

焼肉 とらちゃん1 焼肉 とらちゃん2

出典:食べログ 焼肉 とらちゃん

今回何度か登場する元町の老舗の一つ、近沢レース店の四代目 近澤柳さんの行きつけのお店です。「焼肉のとらちゃんというお店がありまして、ここがもうホントに絶品なんですよ。お肉の質本当にいいと思います。行きつけの理由:①お肉の質が良い、②コストパフォーマンスが異常に高くて、おそらく神奈川県で一番美味しい焼肉だと思います。」と紹介していました。

「こちらが近沢4代目の行きつけ」と意外と庶民的な外観の前まで来て、なんと取材はNG!ですが、交渉の結果なんとか鉄板の上だけ撮影の許可をいただいたと、画面いっぱいに鉄板一枚とその上に厚切りの肉を焼くシーンだけで流れました。他の写真を見ると確かに肉の質が高そうで、近所にあったら通いたくなりそうなお店でした。「粋なハマっ子たちが密かに通う名店が石川町にはまだまだ隠れています」と締め括っていました。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1−14 植松ビル 1FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩3分
  • 【営業時間】
  • 17:00~24:00(L.O. 23:30)
  • 【定休日】
  • 無休
  • 【席数】
  • 60席
  • 【オープン】
  • 2017(平成29)年10月25日
  • 【その他】
  • 現金のみ、喫煙可

8位 ー 金米堂本店

金米堂本店 梅どら焼き

出典:金米堂本店

金米堂本店は、常時20種類以上の和菓子を揃える明治25年創業の老舗です。中でも人気なのが40年以上使う銅板で手焼きするどら焼き。白いんげんのつぶあんは、とろりとして甘さ控えめ。さらに青梅の甘露煮がアクセントです(梅どら焼き 297円)。

店の看板娘は、四代目の金子弘美さんと妹の金子直美さんのお二人。「そういえば・・・10年前(2010年)におじゃましたときには、もう一組かわいい看板娘がいらっしゃいました。弘美さんの娘(長女 当時9歳)なつみちゃんと(次女 当時8歳)まなみちゃん姉妹です。」という振りが。(スタジオでは、みんながどうなった?と現在の姿の登場に期待を寄せていました。)

弘美さんが「なっちゃーん。まなちゃーん!」と店内に声をかけると、「はーい!」とお二人が登場。峰さんが思わず「いやぁ、すごい!」と漏らしてましたが、なつみさん(姉 20歳)とまなみさん(妹 18歳)今も学校が休みの日にはお店を手伝っているそうです。

番組スタッフが、なっちゃんとまなちゃんの将来の夢は?と尋ねると、姉は「私は大学で今経済とか。あとは教育について学びを深めていて、将来のことも少しずつ考え始めています。」と回答。妹は「私は大学生になったら海外に行って、英語を学びたいなって思っていて。その後の事はまだ決めてないので。もしかしたらお店を(継ぐ)またやるかもしれません。」と、なんともしっかりした受け答えをしていました。お母さんは笑顔で「ふふふふふ。すごーい!いいね〜」となんとも微笑ましい一幕でした。番組は「老舗を支える2組の看板娘。石川町でお待ちしています」と締め括っていました。

ここの梅どら焼きは、ふわふわでとても美味しいです。ホントに青梅の甘露煮がアクセントになっていて、後味がさっぱりしています。ちょっとしたお持たせにも喜ばれますよ。ちなみに、遠方の方は楽天市場店で購入することもできるので、気になる方は要チェックです。けれど、やっぱり焼き立てが一番なので、お近くにお出かけの際にはぜひ!

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-60-1(Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)すぐ
  • 【営業時間】
  • 8:00~19:30
  • 【定休日】
  • 元旦(1月1、2日)
  • 【創業】
  • 明治25年(1892年)7月

7位 ー 小山湯

小山湯 タカナシ乳業 牛乳

出典:小山湯

石川町の駅から中村川沿いに元町とは反対(西)に歩いて商店街を抜けると、横浜とは思えない下町らしい風情が残るエリアに出ます。そんな下町のオアシスがこちらの明治19年(1886年)に創業した小山湯です。番組では昭和30年代頃の小山湯の写真(木造 一軒家)が流れましたが、現在はマンションの地下にあります。ですが、実は横浜に現存する最も古い銭湯です。

石川町は横浜港の開港以降、港湾従事者で賑わっていた場所で、昭和の頃まで港湾で働く人たちが街にあふれていました。小山湯は、彼らが仕事終わりに汗を流すため通ったオアシスでした。そのため、この周辺の住宅はその名残が色濃く残っています。

銭湯の四代目は有波基さんは今、石川町を盛り上げるべく音楽イベント「GETDOWN」を銭湯前で開催。メインは石川町発祥といわれるダンス フリーチャチャ(ヨコハマフリーチャチャ)です。ハマのディープなカルチャーを銭湯から発信しています。

余談ですが、小山湯は2018年12月3日にリニューアルオープンしました。リンスインシャンプー、ボディーソープ、シェービングクリーム、手ぬぐいはサービス。バスタオルも50円でレンタル可能です。また、風呂上りには冷たい 牛乳やコーヒー牛乳も懐かしの瓶のものが販売されています。さらに、レトロな瓶ペプシやラムネも。ちなみに20位の番外で紹介したVatiがここの1階にあります。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町3-106-4Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩3分
  • 【営業時間】
  • 9:30〜22:00
  • 【定休日】
  • 年中無休
  • 【創業】
  • 明治19(1886)年
  • 【その他】
  • 大人470円、小学生200円、幼児100円

6位 ー バー

Bar MOTOWN

Bar MOTOWN1 シェリートニック

出典:TV TOKYO Bar MOTOWN

MOTOWNは古参のソウルバーです。2,000枚を超えるレコート盤の中から今夜の気分はこの1曲と、番組時に流れたのは「Let’s Get It On/Marvin Gaye」でした。番組で出演されていた白髪のバーテンダーは実は芦田オーナーです。

横浜駅西口にあるBAR soul onのオーナーでもありましたが、若い頃アルバイトで入った山口郁輔さんへ譲られました。2018年4月1日より新しい方が運営されています。

最後にシェリートニック(800円)が出され、「ハマの夜にはこんな店がよく似合います」と締め括っていましたが、どう考えてもここでも演出家がSHELLYさんを意識してますよね(笑)。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-60 金子ビル 2FGoogle Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【火〜土】19:00〜翌3:00【日】18:00〜翌2:00
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【席数】
  • カウンター12席
  • 【その他】
  • PayPay

日本酒 サガン(SAGAN)

日本酒 サガン 2

出典:TV TOKYO 日本酒 サガン

日本酒バー サガンは、明治25(1892)年創業の老舗酒屋「横浜君嶋屋」がプロデュース。横浜君嶋屋の四代目 君島哲至さんは「ちょっと前から、名店がいっぱいあってこの辺の店はみんな居心地が良い感じがありますね。非常に良い場所だなと思いました」と語っていました。

君嶋屋セレクトの日本酒には、こちらもハマの老舗「美濃屋あられ」のスモーク柿ピー(330円)がよく合いますと「日本酒テイスティング3杯セット」と共に流れました。SHELLYが「美味しそう!」、イノッチ部長が「美味しそうだなぁ」とコメントしてましたが、ほのかに香るスモークのフレーバーはお酒が進みますよ!

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-17-3Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩5分
  • 【営業時間】
  • 17:00~23:00
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【席数】
  • 14席(カウンター10席,テーブル4席)
  • 【オープン】
  • 2013(平成25)年12月
  • 【その他】
  • カード可、全席禁煙

スポーツバーBenny’s Place

Benny’s Place スペアリブ

出典:TV TOKYO Benny’s Place

お待たせしました。制作サイドの事情としては今回の一番のメインがこちらですね(笑)。山手や元町に住む外国人が通う、25年前にオープンしたアメリカンスタイルのスポーツバーBenny’s Place。SHELLYさんのお父さんベニーさんがオーナーのお店です。以前の「横浜」の回では番外扱いでしたが今回はもちろん主役です。

Benny's Placeと言ったら、SHELLYさんも大好きなひと品アメリカサイズの特性スペアリブ(2,900円)ですね。今回の新しい情報としては、横浜DeNAベイスターズのラミレス監督もこれを目当てに店を訪れるのだとか。ちなみに、スペアリブは数に限りがあるので数量とともに予約することをオススメします。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-25 みつぼビル 2F(Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩5分
  • 【営業時間】
  • 【火・水・木】18:00~翌1:00(L.O.食事22:30 飲み物24:00)【金・土】 18:00~翌2:00(L.O.食事23:30 飲み物1:00)
  • 【定休日】
  • 日・月曜日
  • 【席数】
  • 40席
  • 【その他】
  • 各種カード可、全面喫煙可

スタジオトーク

《薬丸さん》「でもラミレス監督がわざわざ食べにくるっていうのはね。」

《SHELLYさん》「そうなんですよ。ありがたいことに。ご家族でお子さん連れてきてくれてて。」

《峰さん》「そうなの?」

《SHELLYさん》「ってかこればっかり頼むんで、うちの父親もうこれラミリブって名前に変えようかって言ってました。」

《峰さん》「スペアじゃなくて?」

SHELLYさんはお父さんのお店でアルバイトをしていました。

《ベニーさん》「She said, listen what’d you want me to do now? I said, go make 5,000 more yen and come back. BOOM! Next thing I know she’s in front of me. I did it as a joke. I didn’t think she can do it.」(ベニーさん SHELLYが「何かすることがないか」と聞いてきたからあと5,000円分稼いでと言ったらBOOM!あっという間に売ってきたんだ。冗談のつもりで言ったんだけどね。)

最後にSHELLYさんへひと言。

《スニコさん・ベニーさん》「SHELLY, I hope this is a big surprise for you. MMM!」(良いサプライズになったかな?MMM!)

《イノッチ部長》「えっ!?なんですか?」

《SHELLYさん》「え?Make Moneyってこと?なんだっけすごく久しぶりに言われた。」

《須黒アナ》「Make More Money」

《SHELLYさん》「Make More Moneyだ!」

《イノッチ部長》「忘れているじゃん!」

《SHELLYさん》「15年前ですよ、私働いてたの。いやでもホントにメチャメチャ得意だったんですよ。」

《イノッチ部長》「でも当時アルバイトで稼いだわけですよね。そのお金ってどうしたんですか?」

《SHELLYさん》「生活費です。うち父親はもうめちゃめちゃアメリカ人で子供たち全員自立しろ!って言う感じだったんで、全然お小遣いもくれなければ学費も全然出してくれなかったんで。」

《イノッチ部長》「自分で稼ぎなさいと。」

《SHELLYさん》「そうです。ホントに小学校のときから言われてました。大学はお前自分のお金で行けよ。って。出さないよってずっと言われてたので。」

《イノッチ部長》「それはすばらしいですね。」

《SHELLYさん》「結果、大学は出てないんですけど。笑」

《イノッチ部長》「そうかでも自分でね、稼ぐ技を身につけて…」

《SHELLYさん》「そうですね。基本的にはすべてのお仕事「お金さま」と思ってます。」

《薬丸さん》「おかげさまじゃなくて…」

《峰さん》「いやいや、すばらしいわ。それ!…」

chiunque(キウンクエ)

chiunque1 chiunque2

出典:TV TOKYO chiunque

番組では「立ち寄りたくなる路地の店あかり。この街にはすてきな夜が待っています。」という6位の導入ナレーションの際に一瞬映ったバーがこちらです。隠れ家的なバーで、マスターの絶妙な距離感での会話が心地よく、雰囲気の良い静かなバーです。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-14 植松ビル2F(Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩4分
  • 【営業時間】
  • 18:00~翌2:00
  • 【定休日】
  • 火曜日
  • 【座席数】
  • 12席
  • 【オープン】
  • 2007(平成19)年12月1日
  • 【その他】
  • カード可、分煙

5位 ー 石川町諏訪神社

石川町諏訪神社1 石川町諏訪神社2

出典:TV TOKYO 石川町諏訪神社

石川町諏訪神社は、住宅街の奥に鎮座する石川町の鎮守様です。番組では「諏訪神社」と紹介していましたが、正式には「石川町諏訪神社」です。同名の「諏訪神社」が山手のエリアにもう一つあるのでご注意ください。

創建は室町時代の文明13(1481年)。地元で「浜のおすわさん」と親しまれています。江戸時代の始めまで現在の石川町の目の前には入江が広がっていました。辺りで一番の高台にあった諏訪神社の明かりは、江戸時代初期まで漁業船などの灯台代わりになっていたと伝わります。現在、海は見えませんが変わらず高台から街を見守り続けます。

ちなみに例年であれば、地域の方々との舞踊大会や、多くの方にご参列頂く祭祀、町内会の御神輿などが開催されます。今年は残念ながら新型コロナウイルス感染症拡大予防の観点から全て中止となっています。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町4-164Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩6分
  • 【拝観時間】
  • 9:00~17:00
  • 【創建】
  • 文明13年(1481年)
  • 【その他】
  • 御朱印あり

4位 ー 近沢レース店 本社

ミニタオルハンカチ ラグビー レース付きマスク

出典:近沢レース店

元町ブランドの1つ 近沢レース店。明治34(1901)年 絹の輸出商の生業として創業しました。以前「横浜 90分スペシャル」で元町本店が紹介されましたが、伝統的なレースを取り揃えるこの老舗の本社が石川町にあるということで紹介されました。

近沢レースが今商品開発にとりわけ力を入れているのが、人気商品のタオルハンカチです。時代に合わせラグビーボールがあしらわれたもの(ミニタオルハンカ チラグビー 1,320円)やみんなが大好きなパンダ(タオルハンカチ パンダ 1,320円)など、つい手に取りたくなるユニークなデザイン(タオルハンカチ アボカド 1,320円)を取り入れています。そしてこの冬に発売予定の自信作がこちら(タオルハンカチ 寿司 1,320円)!マグロの握りが食欲をそそる寿司ダネ柄の1枚です。

今回何度が登場した四代目は「我々が常に新しいことに挑戦しているという事を、品物を通して伝えていければと言う気持ちはあります。」と語っていました。そんな中、更に今年はオリジナルのレース付きマスク(レース付きマスク 1,980円)も開発。マスクの紐はアジャスター付きでフィット感を調節可能。内側にはシルクニットを使用しつけ心地は滑らかかつ爽やかです。レース付きマスクでワンランク上のマスク美人になれるかも!なお、放送後から売り切れています。

  • 【住所】
  • 〒231-0861 横浜市中区元町3-119Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩6分みなとみらい線「元町・中華街駅」5番出口(元町口)より徒歩4分
  • 【営業時間】
  • 10:30〜18:00
  • 【定休日】
  • 無休
  • 【創業】
  • 明治34(1901)年

スタジオトーク

《SHELLYさん》「まぁでもマスクもうすでに結構今手に入るし、いろんなのが出てきたので、どうするかなと思ったらやっぱり質で勝負ですね。見た目もそうだし、肌触りだったり後大きさが調節できたり。」

《イノッチ部長》「しかしでもあの四代目の発想は面白いですね。いろんな・・・お寿司でてきました。しかも質は良い。」

《薬丸さん》「そしてかなり丁寧な仕事してますよね。」

3位 ー 女子校生

「明治の初め、女性宣教師たちが日本の女性の地位向上のため女学校の創設に着手。横浜はミッションスクール発祥の地です。現在も山手には4つの名門女子校が揃い(横浜女学院中・高横浜共立中・高フェリス女学院中・高横浜双葉中・高)石川町では通学する彼女たちの姿を見かけます。

日本一女子校生が利用するといわれる石川町駅は通称乙女駅と呼ばれます。そして乙女駅を降りてすぐ女子校生が通る細長い通りの名はリセンヌ小路。リセンヌとはフランス語で女学生を意味します。さらに女子校生たちが毎日通学のため山手へ向かう坂は通称乙女坂。これがこの街の毎朝の風景です」と解説されていました。

このことが放送直後、名所や観光スポット、飲食店などと並んで、街の見どころとして「女子校生」が選ばれたことについて、批判的な声が上がっているそうです。どんな人が言っているのか不明ですが、この街がどんな街なのか、どんな人が生活しているのか、その結果どんな雰囲気の街なのかを取り上げるという意味では、自然の流れだと思います。10年前の放送でもランクインしていました。Twitterにある批判をいくつか見て気になったので、念のためですが番組では女子「校生」と取り上げているのであって、女子「高生」とは言っていません。

この街で生活したことのない方にとっては、あれだけたくさんの女子校生の姿が流れると、テレビにありがちな〇〇を助長するような映像や解説という印象を受けたかもしれませんが、今回に件に関しては大袈裟ではなく、何十年も昔から正に朝はあのような状態になります。昔から横浜の他校の男子校生の憧れの地でもあり、遊びに訪れることもしばしば見受けられます。最近は少子化の影響やみなとみらい線の開通により多少減りはしましたが。

こうしたことを踏まえると、この項目がランクインすること自体には違和感はありません。石川町のほのぼのした日常の一部なのですから。別に番組の肩を持つつもりはありませんが、なんでもすぐ脳内で言葉の響き(じょしこうせい)から「女子高校生」の漢字を想起したり、性犯罪に結びつけるような偏った捉え方もどうかなとは思います。けれど、3位のタイトルは「女子校」の方が良かったかもしれませんね。

横浜女学院 中学校・高等学校

横浜女学院 中学校・高等学校

『横浜女学院は、1886(明治19)年創立の横浜千歳女子商業学校と1943(昭和18)年創立の神奈川女子商業学校を金子正先生が、太平洋戦争の戦禍からの再興のために1947(昭和22)年の合併創立により誕生しました。前史をさかのぼれば120年を超える伝統を有しています。1952年のキリスト教宣教開始以来、日本プロテスタント発祥の聖地である山手の丘の上、豊かな緑の生命感の中で女子教育を行ってきました。

横浜女学院は建学の精神に基づき、「愛と誠」を校訓に掲げ、教育理念である「 キリスト教教育」「学習指導」「共生教育」を柱に人間教育を行っています。』(公式サイトより一部引用)

  • 【住所】
  • 〒231-8661 横浜市中区山手町203番地Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩7分
  • 【設立】
  • 1886(明治19)年
  • 【高校コード】
  • 14504B

横浜共立学園 中学校・高等学校

横浜共立学園 中学校・高等学校

『横浜共立学園は、1871 (明治4)年、米国婦人一致外国伝道協会から派遣された3人の女性宣教師、プライン、クロスビ一、ピアソンによって設立されたアメリカン・ミッション・ホームを起源とする、プロテスタント・キリスト教による女子教育機関です。

女性宣教師たちは、当時、人々にかえりみられることが少なかった女子の能力を高く評価し、全力を尽くして教育にあたりました。

学園の教育の根底にあるもの、それは「ひとりの人聞を無条件に尊重し愛する」というキリスト教精神です。「主を畏れることは知恵のはじめ」(簸言1章7節)「心を尽くし、精神を尽くし、カを尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい、また、隣人を自分のように愛しなさい」(ルカによる福音書10章27節) という聖書の言葉を根幹に据え、キリスト教に基づく価値観を基本にしています。

一人ひとりが神に愛されていることを受けとめ、それに基づいて豊かな人間性を備え、隣人に仕え、世界の平和のために貢献する女性の育成を目指しています。』(公式サイトより一部引用)

  • 【住所】
  • 〒231-0862 横浜市中区山手町212番地Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩10分
  • 【設立】
  • 1871(明治4)年
  • 【高校コード】
  • 14503D

フェリス女学院 中学校・高等学校

フェリス女学院 中学校・高等学校

『フェリス女学院は、 “For Others”という聖書の教えのもと、「キリスト教信仰」・「学問の尊重」・「まことの自由の追求」を大切にしています。そして、生徒一人ひとりが、6年間の一貫教育を通して、しなやかな心を育み、つねに与えることができる、“For Others”の精神を持った者へと成長することをめざしています。

1869年(明治3)本校の創立者メアリー E.キダー宣教師が来日。1870(明治3)年9月、明治政府の体制も整いかねていた頃、日本の表玄関として文明開化の気風みなぎる開港地横浜において、日本で最初の女子教育を始めました。

1875年(明治8)現在地(山手町178番地)に校舎落成。校名をアイザック・フェリス・セミナリー(日本名:フェリス和英女学校)とする。生徒数14名。1875(明治8)年6月、現在の山手178番地に校舎ができ、アメリカ改革派教会外国伝道総主事であったアイザック・フェリス氏に因んで「アイザック・フェリス・セミナリー」と命名され、本格的な教育が始まりました。』(公式サイトより一部引用)

  • 【住所】
  • 〒231-0862 横浜市中区山手町178番地Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩7分
  • 【設立】
  • 1870(明治3)年9月21日
  • 【高校コード】
  • 14501H

横浜雙葉中学高等学校 - 横浜雙葉学園

横浜雙葉中学高等学校 横浜雙葉中学高等学校

出典:横浜雙葉中学高等学校

『横浜雙葉中学高等学校は1900年に開校し、現在まで長い歴史を持つカトリック系女子中学・高等学校学校です。「高い知性と豊かな感性を磨く」事を教育理念とし、生徒と向き合っております。

横浜雙葉中学高等学校の教育は、17世紀、フランスでニコラ・バレ神父がうち捨てられた子供たちの尊厳を回復するための教育活動を開始したことに始まります。

バレ神父が1666年に開設したカトリックの女子修道会「幼きイエス会」はその後、世界各地に広がり、バレ神父の教えを受け継ぐ女子教育に取り組んでいます。

マザー・マチルド他4名の修道女が横浜に上陸したのは1872年のこと。初めての来日修道女として、山手58番地に外国人子女教育および貧困孤児養育事業を開始しました。のちに一般の子女を対象に女子教育を始め、1958年に校名を横浜雙葉中学校・高等学校に変更しました。バレ神父やマザー・マチルドの女子教育にかける熱い想いは、現在も教育理念として受け継がれています。』(公式サイトより一部引用)

  • 【住所】
  • 〒231-0862 横浜市中区山手町88番地Google Map
  • 【アクセス】
  • みなとみらい線「元町・中華街駅」6番出口(アメリカ山公園口)より徒歩6分
  • 【設立】
  • 1900(明治33)年
  • 【高校コード】
  • 14502F

2位 ー 山手イタリア山庭園

外交官の家 ブラフ18番館

出典:山手イタリア山庭園

石川町駅から見上げると見える洋館(外交官の家)があるのが山手イタリア山庭園です。外国人居留地があった山手の一角で、かつてこの場所にイタリア領事館があったことからこう呼ばれます。

入園無料で整備された庭園を散策できます。オーストラリアの貿易商の住宅だったブラフ18番館外交官の家は邸宅内も見学可能。外交官の家は明治の外交官内田定槌の邸宅。大正時代の生活が再現され山手で唯一国の重要文化財に指定されています。石川町から少し足をのばせばそこは異国情緒漂うすてきな庭園です。

外交官の家に併設されているブラフガーデンカフェでは、高台からの景色を眺めながら休憩することができます。さらに毎年クリスマスの時期には、西洋館でクリスマスイベントが開催されます。中でもここイタリア山公園開催される「キャンドルガーデン」は幻想的でとても美しいですよ。

  • 【住所】
  • 〒231-0862 横浜市中区山手町16Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩5分
  • 【開館時間】
  • 9:30~17:00
  • 【休館日】
  • 第4水曜日(休日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)

1位 ー 裏フェス

裏フェスとは、毎年春と秋石川町の裏通りを中心に開催されるグルメフェスです。街の飲食店およそ50軒が参加しワンコインで裏メニューを提供するイベントです。飲食店では通常は提供していない裏メニューを500円で楽しめるフードフェスです。

SHELLYさんは「裏フェスも・・・はじめる時は「大丈夫?」みたいな。あんななんか石川町の裏街をメインにしたフェスとか大丈夫?みたいな感じだったんですけど、最初の年から私も行ってるんですけど。めちゃめちゃ集まって人がめちゃくちゃ盛り上がるんですよ。結構駅前側に、なんかこうバンドが出てたりとか・・・。ベニーズプレイスも普段お店では出してないチリとかチリドッグ出したりとか。裏フェスでしか作らない特別裏メニューみたいなの、みんなそれぞれ出してて、すごい集まって楽しいんですよ。」と解説していました。

裏フェスは今年の5月も開催の予定でしたが、裏フェス実行委員長 小野知之さんが「今年は第9回目だったんですけどもやはり新型コロナウイルスの影響で中止にせざるを得なかったと言う形になりまして」と話されてました。

しかし実行委員会ではコロナ禍でもできるイベントを模索。そしてたどり着いた結論が「おうちで裏フェス」でした。そこでテイクアウトで料理を提供する飲食店を募集。この企画に賛同しおよそ30店舗が参加しています。さらに、裏フェス実行委員会が立ち上げたのが、Uber Eatsならぬ「石川町eats」(※中区全域と南区・西区・磯子区の一部地域に配達)。裏フェス実行委員がテイクアウト商品を無料で配達するシステムです。なお、送料別で1500円以上での注文が必要です。

そして今年11月には裏フェスも開催予定!今の状況が落ち着くことを祈りつつ石川町の人々は走り続けます。

045 pizza MYRO(ピザ マイロ)

045 pizza MYRO ペパロニピザ

出典:TV TOKYO 045 pizza MYRO

そこで「おうちで裏フェス」テイクアウトコレクションとして3軒ほど紹介されました。その一軒が、米軍の関係者もこぞって通うMYROです。オーブンで焼くパンのような生地のアメリカンなピザを提供。1ピース(ペパロニ 310円ほか)から購入可能です。ちなみに、こちらにも横浜DeNAベイスターズのラミレス監督が訪れています。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-16Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩4分
  • 【営業時間】
  • 【火〜金】11:30~22:00【土・日・祝】11:30~19:00
  • 【定休日】
  • 月曜日
  • 【席数】
  • 4席
  • 【オープン】
  • 2012(平成24)年4月17日
  • 【その他】
  • 現金・PayPay

韓国料理 ダックテイルズ

韓国料理 ダックテイルズ ブッフェダイニング ケッヘル2

出典:韓国料理 ダックテイルズ

地元民のお墨付きの韓国料理ダックテイルズは、具が盛りだくさんでカラフルなピビンパ(10色ピビンパ 1,200円)を提供。パプリカのナムル、海苔、オクラのナムル、豆もやしのナムル、ほうれん草のナムル、人参のナムル、ゼンマイのナムル、サニーレタス、鶏そぼろ、大根の酢漬けナムル、ナスのナムルが入っています。テイクアウトで野菜をしっかり摂れます。(※仕入れ状況により内容は異なります)

なお、番組では10色ピビンパは1,200円と表記されていましたが、石川町eatsでの価格は1,600円です。石川町eatsの利用条件が、送料別で1500円以上だからかもしれません。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町1-22Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩3分
  • 【営業時間】
  • 【月・火・木・金・土・祝】17:30〜24:00【日】17:00〜24:00
  • 【定休日】
  • 水曜日、第3火曜日
  • 【席数】
  • 20席
  • 【オープン】
  • 2011(平成23)年8月26日
  • 【その他】
  • カード・PayPay可、全席喫煙可(ランチタイムは禁煙)

トルコ料理専門 ジェイハン(Ceyhan)

トルコ料理専門 ジェイハン ジェイハンコース

出典:トルコ料理専門 ジェイハン

トルコ料理専門のジェイハンではトルコの家庭料理のセットを(大満足バラエティセット 2人前 5,000円)まるごとテイクアウトオーケー。デザートにのびるトルコアイスもついています。

  • 【住所】
  • 〒231-0868 横浜市中区石川町2-70Google Map
  • 【アクセス】
  • JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」南口(元町口)より徒歩1分
  • 【営業時間】
  • 【ランチ】 11:30~14:30【ディナー】17:30~23:00
  • 【定休日】
  • 火曜日(※祝日・チャーミングセール期間中は営業)
  • 【席数】
  • 15席(カウンター4席、テーブル11席)
  • 【オープン】
  • 2014(平成26)年11月22日
  • 【その他】
  • カード・電子マネー可、全席禁煙